ヒゲクマ・ヌーボー2017

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

今年もこちらのサービスをしちゃいます!

 

 

 

只今お店でお食事をご注文頂きますと...あの可愛い小粒ちゃんがおまけでついてきます!

 

 

 

はい!毎年6月になるとヤギカフェの”お馴染みさん”であり近所の大先輩であるヒゲクマさんが、手塩にかけて仕上げた小梅をお届けしてくれるんです!

 

 


 

 

 

 

私たちはこの小梅ちゃんを「ヒゲクマ・ヌーボー」と呼び、今年の出来を皆さんと楽しむようにしているんです!

 

 

 

*ブログ内を「ヒゲクマ・ヌーボー」で検索すると過去の小梅ちゃんたちがみれますよ!

 

 

2017年の小梅は、やや小ぶりで色ムラもあり若々しさ押し出てる印象。味はいつもながらフルーティーで今回はサッパリ感が強く見た目の印象とも相まって”軽みずみずしい”という表現がしっくりきます。

 

 

 

こちらの2017年版の小梅ちゃんたち、只今ヤギカフェのお食事に添えられてきます!もちろん数に限りがありますので無くなり次第サービスは終了です。よそでは食べれない貴重なご近所梅干しマイスターの小梅を味わいたい方は、どうぞお早めにご来店下さいませ!

 

 

 

 

 

ヒゲクマさん今年もお届けありがとうございましたー!

 

 

 

 

 


ポエフェスもひと段落し、お久ぶりの通常カフェモード!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

食の部門で参加していた詩のイベント「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」もひと段落し、お久しぶりにお店は通常モード。店内で引き続き販売しているポエフェス記念ポストカード(1枚150円)のみが大盛況だった催しがあった事を思い出させてくれます。

 

 

 

 

 

さてさてそんな”いつものヤギカフェ”...

 

 

 

 

 

 

ポエフェス特別メニュ―は終了してしまいましたが、初めてお作りする新作デザートが登場していますよ!

 

 

 

 

 

お店の人気お菓子であるバターケーキで新しい味を開発しました!その味とは...

 

 

 

「ピーチティー・バターケーキ」

(単品400円/ ドリンクセット700円)

 

 

 

ごろりとした白桃と細かく砕いた紅茶の葉が生地に練り込んであり、非常に上品な香りと味のするバターケーキが出来ちゃいました!生地の歯ざわりも紅茶葉のせいか今までにお出ししたバターケーキよりしっかり目で新鮮!風味のイメージと合っている食感ですよ!

 

 

 

協賛してましたイベントが終わり、通常カフェ運転となったヤギカフェですが、メニュ―には時々目新しいものを登場させていま〜す!

 

 

 

 

 


 


ポエフェス2017と特別メニュ―は大盛況のうち終了!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

前橋で芽吹き(誕生し)4年目を迎えた詩の祭典「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」は、6月4日(日)にその2週間の会期を大盛況のうち終えました。

 

 

 

 

そして、3年連続してこちらのイベントの食品部門担うこととなったヤギカフェも大好評のうちにポエフェス特別メニュ―のご提供を終了しました。

 

 

 

 

今年のポエトリーフェスティバルのテーマは...前橋市のキャッチフレーズ「水と緑と詩のまち」から一考された「水」で、ヤギカフェも「水」という言葉から創意工夫したお食事・デザート・お飲物をご用意しました。

 

 

 

 

そのメニュ―の中でもっとも目玉となり、お客様の驚きと好反応を得られたのが、おそらく前橋市飲食店史上初めて登場したであろう...

 

 

 

「敷島浄水場配水塔カレー」

(750円)

 

 

 

 

88年にわたり前橋市民に飲料水を供給し続け、遂に2021年にその役目を終えることとなる、この通称「水道タンク」の風景をカレーで大胆に表現してみました!

 

 

 

市内小学校での社会科見学、年3日間のみ場内を特別開放され行われる「つつじまつり」で多くの前橋市民の脳裏に刻まれている情景を可能な限り忠実に再現!

 

 

 

 

 

どうぞ、インターネットの画像検索で「敷島浄水場」をお調べになって見て下さい!

 

 

 

配水塔の角度、キャベツで作った池を通る道、そして、赤や紫色のお野菜で表現したつつじの感じを確かめて下さい!

 

 

 

 

 

もちろん、ヤギカフェ独自のユーモアとポエフェス参加・観覧者さんの記念となるよう...カレーに飾られた絵には、お店の”文化系”マスコットキャラクター、サクワラ・ハギタロウ氏とポエフェス2017の明記があり...

 

 

 

 

 

な、なんと、絵そのものが、マグネットシートになっており、お持ち帰りが可能!ご自宅の冷蔵庫などにペタンと思い出が貼れちゃいますッ!

 

 

 

衝撃の(!?)「敷島浄水場配水塔カレー」は、カレールウをスパイスが利いた洋食屋風のスタンダードなものに仕上げ、ゴハンと共に前橋のお野菜をふんだんに使用!味も自信ありの商品。なので、前橋市民のみならず、市外・県外、「水道タンク」をご存じない方にも満足頂き、尚且つ前橋の風景と「水」をグッと身近に感じらるキッカケを与える名品となりました!

 

 

 

 

 

ポエフェス2017会期中、本当に沢山のお客様にお召し上がり頂いたこちらのカレー...驚きは最初の注文時のみという宿命...そこで!何度もヤギカフェに足を運んで特別メニュ―を楽しんで頂こうと、イベント終盤に現・配水塔が新・配水塔に取って代わることに着目し...カレーを1度食べて頂いた方限定に

 

 

「敷島浄水場 ”新” 配水塔カレー」...をご提供!

(750円) 

 

 

 

 

 

商品のコンセプトは、2021年に新設される新配水塔を...前橋市の発表を前に...ヤギカフェが勝手にデザイン!

 

 

 

 

 

 

界隈に設置されると話題になっている芸術家・岡本太郎の作品からインスピレーションを受け、新造物を「太陽の配水塔」と名付けました!

 

 

 

 

 

光景は、もちろん未来の敷島浄水場!「太陽の配水塔」で回りがさらに明るく輝いた雰囲気に!

 

 

 

 

 

当然、こちらの絵も、記念品!

 

 

 

 

 

 

次なるマグネットシートで更に冷蔵庫などが賑やかになります!

 

 

 

カレーは、味もにも新鮮さを与えようと考え、ルウをバターナッツのイエローカレーに色鮮やかな前橋のお野菜を付けました!様相は似ていますがまったく違うカレーでした!

 

 

 

 

 

「前橋ポエトリーフェスティバル2017」でご提供していた特別メニュ―...「敷島浄水場配水塔カレー」の他にも、お土産お菓子・デザートとして「サクサク前橋ポエフェスコーン」「ポエフェ・スーベニア・ウィッチ」「ポエフェスプラッシュ・ミントチーズケーキ」をご用意し、お飲物に「広瀬川白く流れたりジンジャーソーダ」をご提供しました。

 

 

 

そしてインターネット上(FacebookやTwitter)でそれら商品の検索をかけると多くの方が紹介してくださっています!どうぞ、今回ヤギカフェ・ポエフェス特別メニュ―を逃してしまった方はどんな商品だったのかをみて下さい!そして次なるポエフェスの...はたまた何か別のイベントでのヤギカフェがどんなヘンテコな(!?)斬新な(!?)特別コラボ商品を出すか、楽しみに!期待に!次こそは手に入れるぞという気持ちになっちゃって下さい!

 

 

 

「前橋ポエトリーフェスティバル2017」並びにヤギカフェ・ポエフェス2017特別メニュ―は大盛況のうち終了しました!前橋で芽吹いた詩の祭典...今度は、秋に!こちらも恒例となりつつある同主催者の詩のイベント「ネコフェス」が企画されることでしょう!どうぞこちらの動きにも注目していて下さいッ!

 

 

 

 

 

 

 


ポエフェス2017を最後の最後までお楽しみください!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

ヤギカフェも食の部門で参加している詩のイベント「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」の会期も残すところあと数日!

 

 

 

 

 

観覧者を招くポエフェス特別企画も来る土日に開催される2つのみ!

 

 

 

 

ひとつは、来る6月3日(土)に開催予定の...

 

 

 

 

...とッ、その前に!

 

 

ここでちょいとポエフェスの話題から離れお知らせ!
 

 

 

6月3日でお伝えしないといけないのは...界隈、弁天通り商店街にて毎月3日に行われる縁日的フリーマーケット「弁天ワッセ」の事!すっかりワッセの常連出店者になりつつあるヤギカフェは、来る6月3日(土)も10時から12時半頃まで特別露店を出す予定です(*実店舗も通常時間で営業)!

 

 

販売する商品は、最近お出ししている「ワッセ特別ハンバーガー」...ではなく、弁天ワッセ初販売となる食品をご提供しますッ!皆様、どうぞ弁天ワッセはヤギカフェ露店に足をお運び頂きご確認を!きっとあれやこれや迷いながらも食べたくなっちゃうハズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

...で、ここから再びポエフェスの話題!

 

 

 

 

 

 

 

そう、弁天ワッセも開催される6月3日(土)は、出されるお題に沿った本を持ち寄り語らう企画「シイナイト」が開催!

 

 


 

 

椎名真義さんという方が月1で主宰する会がポエフェスと連動。第43回目となる集いは、通常の夜ではなくお昼(15時〜17時)に開催。梅雨を目前にした時期とポエフェスにかけて「"詩っとり"した本」を囲い語らうそうです!

 

 

 

そして...ポエフェス最終日となる6月4日(日)は...

 

 

 

 

前橋こども図書館にて「詩をきこう、詩であそぼう〜子ども向け詩の朗読会」が開催!事前に子供たちから応募してもらった「わたしのすきなもの」というテーマの1行詩を朗読家と音楽家が連詩の形で編集し演芸に仕立て上げ発表します!子供も、もちろんの大人も詩がグッと身近に感じられる催しになりそうです!

 

 

 

 

さぁ、前橋ポエトリーフェスティバル2017は閉幕間近!ということは...ヤギカフェが会期中のみご提供しているポエフェス特別メニュ―が食べられるのもあと僅かという事!

 

 

 

 

今しか持ち帰れないおまけ付お土産品も手に入れられるのは6月4日まで!!

 

 

 

 

 

 

!?

 

 

ガラ(お店の網戸が開く音)

 

 

 

 

それと...”ポエフェス特別メニュ―「敷島浄水場配水塔カレー」(750円)は、1回食べたからもういいや”...と思っているそこのアナタが、もう一度注文したくなるよう...

 

 

 

 

 

 

「敷島浄水場配水塔カレー」を1度お召し上がりになったア・ナ・タには...サクワラ考案の..

 

 

 

 

 

「敷島浄水場 ”新” 配水塔カレー」(750円)をご提供!

 

 

 

カレーに描いた2021年に現役を引退する配水塔(水道タンク)に代り新設される新配水塔を...私が!前橋市が公式発表する前に!先取りでデザインしました!

 

 

 

新配水塔...その名も...太陽の配水塔!

 

 

 

 

新...配水塔カレー!?

 

 

 

太陽の...って...あれと関係してるの...??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、とにかく、一度ポエフェス特別メニュ―「敷島浄水場配水塔カレー」をお召し上がりになった方は、「2回目です!」と言ってまた注文して見て下さい...

 

 

 

きっと何か違った風にご提供されるハズ(汗)

 

 

 

 

 

前橋ポエトリーフェスティバル2017...イベントもヤギカフェの特別メニュ―も最後の最後までどうぞお楽しみくださ〜い!

 

 


 

 

 

 


ポエフェス2017、28日は大盛り上がりで、イベントも折り返し地点!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

2週間にわたり開催される詩のイベント「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」も折り返し点となりました。5月28日(日)は前橋文学館にてポエフェスの目玉企画が複数開催され、県内外から多数詩人が集まり大変な賑わいとなっていました!

 

 

 

 

 

さて、ポエフェス食の部門を任されていますヤギカフェには、28日の目玉企画に参加される県外者が何人も前乗りでご来店!ポエフェス特別メニュ―である「敷島浄水所配水塔カレー」を「水道タンク」の歴史と共に召し上がって頂きました!

 

 

 

 

 

そして、迎えた28日...今回お店では、ポエフェス目玉企画の参加者・観覧者を全員受入れ特別メニュ―を楽しんでもらうことが不可能ということから、事前にこの日だけの特別テイクアウト・ランチのご予約をご提案しており、これまた30名近くの申込みを受けました!

 

 

 

特別テイクアウト・ランチでご用意したのは...「サクサク・ハムカツ・サンドイッチセット」(500円)!

 

 

 

 

内容は...「昔懐かし風のハムカツを挟んだサンドイッチ」 2つ、「前橋のお野菜が入ったサラダサンドイッチ」 1つ、それと、萩原朔太郎の「自転車日記」のお汁粉のくだりからインスピレーションを受けた...「あずきとクリームチーズの入ったデザートサンドイッチ」 1つ!

 

 

 

 

 

しかも!この日を特別にする為に、デザインに対するお客様の好みには配慮せず(笑)、勝手に記念品(お店のキャラクタ―マグネットシート)を同梱!

 

 

 

 

 

 

尚且つ!非常に多くの県外者・市外者が前橋を訪れてくれていたという事もあり、「前橋コンベンション協会」より頂いていた観光誌「まちたび まえばし」も同封!

 

 

 

 

 

 

それらを全てオリジナル紙袋でお渡ししました!

 

 

 

 

 

 

群馬広域・全国各地の方にヤギカフェを知ってもらえる機会となっている前橋ならではの詩のイベント。

 

 

 

場所、雰囲気、感じるものが変われば、出てくる言葉(詩)や創作力にも変化が出てくる...だからこの土地を訪れる...「前橋ポエトリーフェスティバル」は、どうやら前橋市民のみならない大きなイベントに変化しているようです!

 

 

 

ポエフェス2017も残すところあと1週間!皆様どうぞ、イベントをヤギカフェの特別メニュ―をこの期間に味わってくださーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ポエフェス特別メニュ―が大人気!そして新たに...!?

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」公式協賛店舗としてご提供中の特別メニュ―が、只今、大、大、大人気!イベント情報を承知している人も...そうでない人も...皆さん大変興味をもって頂きご注文してくれて、出てくる一風変わった商品を喜んでくれています!そしてお帰りの際は、ご用意しましたポエフェス特別お土産品も...

 

 

 

!?

 

 

 

ガラ(お店の網戸が開く音)
 

 

 

 

 

 

水もしたたるいい男...サクワラです。街中に掲示してある「水」をテーマにしたポエフェスの展示を見て回っていたら、お腹がすいてきたので、話題沸騰中である貴店のイベント特別メニュ―「敷島浄水場配水塔カレー」を食べに来ました。

 

 

 

 

 

 

そうそう、今回のポエフェス特別メニュ―...ヤギカフェがこのサクワラの力を借りなかったばかりに、ひとつ手抜かりがあります!

 

 

 

 

 

 

んッ? あら...そう?

 

 

 

 

 

 

それは...ポエフェス特別お土産お菓子に気をとられ過ぎていたのか...店内で食べれるスイーツが抜けていますッ!

 

 

 

 

そ、そういえば...お土産品(焼き菓子)がデザート代りになるかなぁ〜なんて思っちゃってたけど...

 

 

そうよね。お店でゆったり食べれるスイーツが抜けてた(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなウッカリさんの為に、この気が利くサクワラが、ポエフェス2017開催期間に店内で楽しめるスペシャル・デザートを考えてきました!お使いなさい、この斬新なレシピ!

 

 

 

 

えッ!?

 

 

これ...ウチのチーズケーキのパクりじゃ!?

 

 

いや、でも...ちゃんとポエフェスの今年のテーマ「水」が反映されている...
 

 

 

 

 

 

 

味はみずみずしく、清涼感あり...見かけも涼しげで且つ芸術性がある...「ポエフェ”スプラッシュ”ミント・チーズケーキ」(単品400円/ドリンクセット700円)!私が教示するようご提供すれば、”スプラッシュ(Splash/水がはねる意)”が視覚的に感じられるハズです!

 

 

 

サクワラさんの力は借りたくなかったけど...

 

 

これは意外にも良いデザートかも...お客様の事を考えるとこれは採用したほうが...

 

 

 

 

 

 

 

...ということで!

 

 

 

突然ですが...

 

 

ここに来てポエフェス特別お菓子が一品追加!

 

 

ポエフェス仕様の特製チーズケーキがメニュ―に入ることとなりました!

 

 

 

 

 

 

 

只今、大変人気のヤギカフェ・ポエフェス特別メニュ―...益々楽しめるものが増えていますので、どうぞイベント期間中は何度もお店に足をお運びくださ〜い!

 

 

 

 


 

 


前橋ポエトリーフェスティバル2017が始まりました!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

とうとう5月21日(日)に「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」が幕を開けました!

 

 

 

そして、公式協賛店舗であるヤギカフェのメニューにも...

 

 

 

 

 

ポエフェス特別メニュ―である...

 

 

 

 

 

「敷島浄水場配水塔カレー」と...

(750円)

 

 

 

 

 

 

「広瀬川白く流れたりジンジャーソーダ」が...登場!

(350円)

 

 

 

 

 

 

店内もすっかり...

 

 

 

 

 

ポエフェス色で染まり...

 

 

 

お土産品である...

 

 

 

 

 

 

「サクサク前橋ポエフェスコーン」

(1本150円:特別おまけ付!)

 

 

 

 

 

「ポエフェスーベニア・ウィッチ」

(1個150円:おまけ付!)

 

 

 

ど、ど〜んと展示販売!

 

 

 

30度越えをし夏日で迎えたポエフェス2017初日のお店の様子は...

 

 

 

大、大盛況で大いにポエフェス特別メニュ―を楽しんで頂きましたッ!

 

 

 

来る5月28日(日)にはポエフェス目玉の企画が前橋文学館で開催!これから界隈は益々”詩づく”日々が続きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、そこで、お店からのご提案!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、前橋文学館を会場にしたイベントが開催された際、お昼時が重なった参加者さんの多数が店内満員の為ヤギカフェの特別メニュ―が楽しめなかった事がありました。なので今回、残念な思いをする方が減るよう、詩人さんが一堂に前橋文学館に集まる5月28日(日)は、予約で特別テイクアウト商品をご用意しておきます!

 

 

 

この日の為だけにお作りするポエフェス2017特別メニュ―、その名も...

 

 

 

「サクサク・ハムカツ・サンドイッチ・セット」

 

 

 

 

 

内容は...

 

 

 

「昔懐かし風のハムカツを挟んだサンドイッチ」 2つ、「前橋のお野菜が入ったサラダサンドイッチ」 1つ、それと、萩原朔太郎の「自転車日記」のお汁粉のくだりからインスピレーションを受けた...「あずきの入ったデザートサンドイッチ」 1つ、を食べやすいサイズでまとめ、500円でお渡ししますッ!

 

 

 

 

 

 

ご予約は、当日、前橋文学館で開催されるイベントに参加・観覧される方でお店に取りに来て頂ける方限定です!お申込み方は、特設したフェイスブックのサイトにあるディスカッション欄に"予約します!"という一言とお名前を書き込んで頂くか、info@yagicafe.com 宛に同様の事項をメールして頂くかです(*)!

 

 

 

締め切りは、5月26日(金)までとさせて頂きます!

 

 

 

それではどうぞ、これから約2週間「前橋ポエトリーフェスティバル2017」とお店の特別メニュ―を楽しんでください!そして、もし5月28日の企画に参加される方は、是非、ヤギカフェ・特別テイクアウトメニュ―を予約し、広瀬川河畔で「水」を感じながらランチを楽しんでくださーい!

 

 


*すでにポエフェス代表者・新井さんにご予約を申し出た方は、新井さんがまとめてこちらにご連絡くれる予定です。

 

 

 


 


今度こそ本当に!ポエフェス2017年特別メニュ―の発表!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

開催が近々に迫った詩のイベント「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」。協賛店で特別お食事メニューを請負うヤギカフェに今年もサクワラ・ハギタロウ氏がお節介を焼きに登場。しかし!今年は彼の助言を聞くまでもなく、すでに商品の準備は万端!毎度アイディアを教示してあげる的にやってくるサクワラを出し抜いちゃってるところですッ!

 

(*話の展開を追えない方は、まず こちら の記事をご覧ください!)

 

 


 

 

こ、これは...敷...島...!?

 

 

 

 

 

そう、ビックリしたでしょ!

 

 

ヤギカフェ提案...

 

 

ポエフェス2017特別メニュ―!
 

 

 

 

 

特別メニュ―の目玉になるのは...

 

 

 

 

「敷島浄水場配水塔カレー」

(750円)

 

 

 

 

 

国の有形文化財に登録され、88年にわたり使われ続けている前橋市は敷島浄水場の配水塔。その特徴的な外形は地域のシンボル的建物と認知され、前橋市民にとって「水道タンク」といえば「敷島浄水場の配水塔」の意味で通るほど親しまれています!

 

 

 

約900トンの飲料水ため、市街地に住む市民約6万人に供給しているこの「水道タンク」...耐震上の問題で、実はあと4年で(2021年に)稼働を終了することが今年決定。新設される配水塔にバトンタッチし役目を終えた「水道タンク」はその後、本当にシンボルとして保存されることになるようです。

 

 

 

 

 

そんな、前橋市の水道インフラの拠点となっている敷島浄水場の配水塔を...ヤギカフェは...「水」とテーマにした今年のポエフェスで...しかも、食品部門で取り上げちゃおうと試みました!

 

 

 

前橋ならではの「水」を感じる前橋の「水道タンク」の風景をカレーで表現する(!?)衝撃のポエフェス2017特別メニュ―!

 

 

 

 

 

その他、ポエフェス2017特別ドリンクメニュ―に...萩原朔太郎の「水」にまつわる詩にインスピレーションを受けた...

 

 

 

「広瀬川白く流れたりジンジャー・ソーダ」

(350円)

 

 

 

や、お土産(イベント記念)焼き菓子として...「水な風合い(味・形)」と「水なオ・マ・ケ)が付く予定の...

 

 

 

「前橋サクサク・ポエフェスコーン」

(1本150円)

 

 

 

と...

 

 

 

「ポエフェスーベニア・ウィッチ」

(1個150円)

 

 

 

...を販売予定!

 

 

 

 

 

 

どうですサクワラさん!ヤギカフェのこの準備万端ぷり!ギャフンとさせちゃいましたでしょ!?

 

 

 

 

 

 

...配水塔カレー...なんともはや...その他の商品も含め、まったく意味がわからん。

 

 

 

 

意味がわからなくても、まぁ、イイです!

 

 

とにもかくにも、来る21日(日)より「前橋ポエトリーフェスティバル2017」が始まり...

 

 

ヤギカフェのイベント協賛特別メニュ―が登場しま〜すッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞ是非ぜひ、まだまだ想像がつかないであろう「水」な商品をその目で確認し、その舌で味を感じにいらしてくださ〜い!
 

 

 

 

 


ポエフェス2017特別メニュ―の発表!?

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

萩原朔太郎や萩原恭次郎など近代詩人を輩出している前橋。そんなこともあり、界隈には詩を愛慕する人々が多くいます。そして、この土地には、詩を身近に感じれる気風が流れ、詩により一層の親しみを湧かしてくるコミュニティ(地域人・地域団体)が育っています!

 

 

 

そんな前橋で近年誕生した新しい詩の祭典...今年で4回目となる「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」が、いよいよ来る日曜5月21日(日)より始まります!

 

 

 

 

 

 

芽部という詩・文学・芸術を嗜む人々で立ち上げたこの催し...実は、ヤギカフェもイベント食の部門の共同事業(コラボ)を3年連続で依頼されています!

 

 

 

そうです!ポエフェス2017も会期中、ヤギカフェでは、今年のイベントのテーマに合わせた(!?)特別メニューをご提供するんですッ!

 

 

 

 

 

 

ポエフェス2017のテーマは...前橋市のキャッチフレーズ「水と緑と詩のまち」から発意された「水」!そう、イベントでは「水」に関連づけた詩の創作やそれに付随した芸術表現が街中を会場に発表されます!そして、ヤギカフェも今年は「水」という言葉から創意工夫した料理を...

 

 

 

 

!?

 

 

 

どうもお久しぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

詩の催しといえば貴方(ヤギカフェ)のそばに...今年も知恵を貸します...サクワラ・ハギタロウです。

 

 

 

 

ひゃ〜やっぱまた来た〜)

 

 

 

...って、何その格好!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

想像力に乏しい店主さんが、今年も特別メニュ―を何にしようか思いあぐねていると思い、サクワラがひと肌脱いできたところです。今年のポエフェスのテーマは「水」!私がヤギカフェの為に、スペシャルで”水の恵みな食材”を手に入れてあげました。

 

 

 

広瀬川のUMA(Unidentified Mysterious Animal /謎の未確認生物)とも言われている幻の魚を差し上げます!

 

 

 

!!

 

 

 

 

 

 

え、えっ!?

 

 

ダメでしょ!?さ、さ、魚!?

 

 

それは、芽部の代表者じゃ...

 

 


 

 

 

 

さすがにこれは飲食店であるヤギカフェも見た事がないでしょう。今まで誰ひとりとて釣り上げた事がない珍魚...

 

 

 

 

 

 

ギョライ・ウオト!!

 

 

 

釣るにはラーメンが唯一の餌だと発見するのに私も時間がかかりました...

 

 

 

さぁ、度量の大きいこのサクワラ...この魚をヤギカフェにプレゼントします!そして、こいつを使いポエフェス特別メニュ―...

 

 

 

 

 

 

幻の活造り定食をお出しなさい!

 

 

 

 

...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ...あ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜!!

 

 

要らない!要らない!

 

 

要りませんから!

 

 

それより、早く戻してあげて!
 

 

 

 

 

 

 

そう、そう、サクワラさん!今年はあなたの助けなしでも大丈夫なんですから!

 

 

 

 

 

 

今回は、ちゃ〜んとこちらで特別メニューを考えてるんですッ!見て下さい、サクワラさんでも思いつかないこの「水」をテーマした特別メニュ―!

 

 

 

 

 

 

こ、これは...一体...

 

 

 

 

【つづく】

 

 

 

次週遂にヤギカフェのポエフェス2017特別メニュ―が本当に発表!!

 

 

 


 

 


 


ポエフェス特別メニュ―の発表は...

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

前橋にとって5月11日は、郷土の詩人・萩原朔太郎の命日として記憶されており、5月が界隈の詩人にとって文学をあらためて見直す適時になっています。

 

 

 

なのでこの時期、前橋文学館を中心に朔太郎忌と冠して詩や文学にまつわる催事が行われます。来る5月14日(日)も、お近く前橋テルサにて「どこがヤバイの?朔太郎」と題したシンポジウムや朗読会が開かれる予定です。

 

 

 

 

 

 

そして...先日もご紹介しましたが...あと1週間もすると、今度は街中を会場にした詩のイベント「前橋ポエトリーフェスィバル(通称:ポエフェス)2017」が開催!ヤギカフェもポエフェス食の部門を3年連続で任されることとなり、2017年もポエフェス特別メニュ―をご提供しますッ!

 

 

 

 

 

 

ポエフェスや詩のイベントが界隈で開催されるとなると必ず現れお節介をしてくるお店の”陰気キャラ”...サクワラ・ハギタロウ氏。過去2回...ポエフェス特別メニュ―の開発で悩んでいると、なんだかんだで彼の提案(アイディア)を採用してしまう破目になっていましたが...

 

 

 

 

今年こそは...サクワラさんをあまり調子に乗らせないため...彼に頼らないアイディアをすでに考えちゃってます!

 

 

 

なので...ヤギカフェ・ポエフェス2017特別メニュ―は、もう少し後、ちょうど良いタイミング(高飛車サクワラさんのお節介を跳ね除けギャフンと言わせてあげる時)を見計らって大発表しちゃいます!

 

 

 

という訳で...本日は、ポエトリーフェスティバルが始まり特別メニュ―が登場して、そちらに気が向いてしまう前に是非ともお召し上がりになって頂きたい、只今大人気の商品をご紹介しておきます!5月になって登場し売上No1になっているメニュ―...それは...

 

 

卵がのったインドネシア風焼き飯(ナシゴレン)!

(750円)

 

 

 

東南アジアを感じさせる、ややピリ辛い香辛料と海鮮具材でゴハンを炒め、半熟卵を乗せちゃいました!傍らには定評あるお店のフレッシュサラダが沢山!見た目と匂いだけでも一気に食べ進めちゃうのがわかる一品です!

 

 

 

迫るポエフェス!近づくヤギカフェ・ポエフェス特別メニュ―の大発表!...と、その前に、是非ぜひ只今お店の通常メニュ―の一押しをお試し下さ〜い!

 

 

 

 

 

 

 

 


<< | 2/44PAGES | >>

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ