呑竜・祈りの“ハシ” 文明進化編

シダボンニャはぁーッ!シダボンだぞ!



過去2回(2012年4月5日2012年4月19日の記事)、シダボンは呑竜で春先に執り行われる不思議な儀式について探検レポートをしたのを覚えているかニャ?



4月に入り、今年も例外なく、秘境(呑竜)の先住民(呑竜“年かさ”ママ)たちが祈りの儀式を始めたと現地の研究員(ヤギカフェ・マスター)から調査報告が入ったぞぉ!しかも、今年はなにやら儀式に先住民(年かさママ)たちの文明進化の発展が見受けられるという話...


今年も“祈りのハシ”が始まった...



む、む、むッ!これは、面白そうだぞッ!




で、さっそく...
 
 
呑竜ふしぎ発見!
               「祈りの“ハシ”」文明進化調査編


秘境(呑竜)に足を踏み入れるやいなや...





え〜!!

もしかして...これがッ...!?



「はい、これが秘境(呑竜)の先住民(年かさママ)が考え出した新たな文明です。“箸立て”は、いつの日からか植栽活動において呪術的な習慣儀礼になっていったという調査報告を以前しましたが...この箸の上に屋根をのせるという行為は、伝統的なものに新たに蓄えた知識を補足するという文明の進化・進歩の現れです。祈りだけでは、草花を野生動物(野良猫)から守れないという現実的な葛藤にいよいよ直面し、持ち得る叡智を結集、自分たちの文明・社会を一歩進めたのです!」



「ただし...この“屋根”が本当に効果があるのかと言ったら...強い春風ひと吹きで飛ばされてしまうでしょう...おそらくしばらくするとこの行為も習慣化・呪術祭礼化されるものと思われます。自分たち以外の人間が考え出した技術・文明をなかなか取り入れないという先住民(年かさママ)の特性があるため本当に実用的な文明が拓けるにはもう少し時間がかかるでしょう。」


う〜ん...??

相変わらず現地研究員(ヤギカフェ・マスター)の

                                     説明もよくわかんないぞ〜!?



とにかく、“祈りの箸”に屋根がついたって訳だニャ!?




でも、見れば見るほど、箸さんたちが何か神秘的なものを担いでいるようにも見えてくるぞ!?



やっぱり、秘境(呑竜)のヘンテコ具合は 未知数!



ニャはぁッ!






呑竜的看板!

ニャはぁーッ!シダボンだぞー! シダボン



ニャにか面白いものニャいかニャぁ〜...と、夜の呑竜をフ〜ラ、フラ。



すると...



ビビッとおもしろ発見アンテナが反応ッ!



ムムムッ...何か 「すみ子」 の看板が怪しいぞぉ〜。



な〜んか、数字らしきものが透けてるぞぉ!?



よ〜く見てみると...お店の電話番号??



そういえば、前にハンニャがブログで、「すみ子」 の看板は再利用してるって書いてあったニャぁ〜。ニャるほど、前の人と電話番号が違うから、テープかニャにかで隠してて、それが看板の灯りで透けて見えちゃってるんだニャ。



ちぇッ!そんなんじゃ、ちっとも面白くないやい!



が...もう少しよ〜く見ると...



ムムムッ!



なにやら隠された電話番号の上に何か赤いシール(?)が...




目をよ〜く凝らして...見るとぉ〜...





今のお店の電話番号!!!



小っちゃ!!








謙虚というか、なんというか...



コレじゃ、屋根の上の猫くらいしか番号が分からないぞぉ...




せっかく高いところまで上ったんだから、もうちょい大きなシールが良かったと思うのはオイラだけかニャ???




もしかしたら、「アレなんだろぉ〜?」 と思わせて人々の関心を引き寄せ記憶させる、新たな宣伝方法なのかもしれないぞぉッ!“目立たないことで目立たせる” 前衛広告!恐るべし 「すみ子」! 



ニャはぁッ!


呑竜見晴らしスポット!

シダボンニャはぁーッ! 新年あけまして、初・シダボンだぞー!



2013年最初の 「呑竜おもしろ発見!」 ブログは、オイラがいつも “おもしろ” を発見する見晴らしスポットを特別大公開だ〜!ニャはぁッ!



じゃじゃ〜んと...



新年あけまして、呑竜の屋根上からの赤城山!


上毛カルタ 「裾野は長し...」 オイラでもしってるぞ!



初公開!? 呑竜の屋上からの景色だぞー!



夜はお店の人たちがいて屋根にいると怒られるから...昼の風景をパシャリ!



西を見れば、弁天通り側から呑竜に通じる...
                    微妙に曲がったヘンテコな道 がわかるぞ!





うっすら、「呑竜飲食店街」 と書いてある看板も確認できるニャ!





ヤギカフェがあるA棟の屋上には、アンテナがたくさんあって世界中の情報を収集してるぞぉッ!どおりで、怪しいところだとおもってたけど...前橋の横丁・呑竜マーケットは、国際機密機関だったのかぁッ!?


実はテレビのアンテナ群...



今年もシダボンは、呑竜の “おもしろ” をどんどん発見していくぞー!


                                                            再び赤城山


ニャはぁッ!



 

罰則も呑竜価格!?

シダボン ニャはぁーッ! シダボンだぞ!



人間ってのは、歩いたり走ったりよりも速く遠くにまで行ける “車” っていう便利な乗り物を発明したけれど...



その車を他の人の邪魔にならないように止めておく “駐車場” ってのを確保しなくちゃいけないみたいで大変だニャぁ〜。



シダボンの生息する呑竜仲店のすぐ脇の土地も、契約した人が月単位で安心で確実に車を止めておける場所として大蓮寺(ご近所で呑竜の地主さん)が提供しているぞ。




ある人は、安心して確実に車を止めておく為にお金を払って契約してその場所を確保しているのだけれど...どうやら、その人たちの車がない隙を見て自分の車を置いて呑竜や近くのお店で飲食を楽しむ人がいたり...なんだかお金の面で不公平なことが起っているのが問題みたいだニャ。



駐車場を契約している人たちは、もちろんそんな行為を理不尽と感じるので、防衛策として...




こんな...



ものを置いたり...



こんな...



もの位で、物理的に不正駐車を防ぐしかないのが現状。



近くに時間単位で安価に(1時間100円程度で)利用できる私営の駐車場があるにもあかわらず、たった数百円を浮かそうと留守の契約者駐車場に止める人...その数百円をサービスで負担してあげればよいのにケチってそこへお客を誘導する店主さん...





野良猫のオイラでも
なんかそれは

良くないと思うニャ!




だから、契約駐車場を提供するところも、違反者にある程度厳しい処置は必要なのは納得。





罰金だって立派ニャ防衛策!さすがに1万円は厳しいニャ!街中では2万円、3万円の罰金ってのも見かけたぞ!



呑竜・東側出入り口にも駐車スペースがあって...



呑竜店主及び呑竜利用お客さまの一時停車目的と決められているのだと思うのだど...不正駐車もよくあり...当然、罰則も設けてあるはず...



ほら!無断駐車の注意書き!...厳しく、厳しく...



んッ!?







意外と罰金がお手ごろ!?
  3000円
!!

う〜ん...なんとも大衆酒場の呑竜は、戒め価格も大衆派!? 罰金ってある意味、「もし見つかったらヤバイかも...」と“脅し効果”もあると思うんだけど...3000円は微妙。むしろ、請求し易い額(!?)だから余計に“脅し効果”がある!?




まッ、とにかく、罰金うんぬんよりも...車で呑竜にお越しの際は、不正・無断駐車は止めて遊ぶこと。ニャはぁッ!





呑竜ママの“カミワザ”

シダボンニャはぁーッ! シダボンだぞ!



体調不良かなにかで2,3日お休みしていたとあるママさん...



早く復帰して通りが明るくなるといいニャ〜



と、思ってお店を見てたら...



んっ!? 何か張り紙があるぞッ!




ちっちゃな紙だニャ〜。 近寄って見ると...





 

まさかの...



キッチンペーパー!!



しかも、ちょっと使いに半分サイズでも使えるミシン目付きのやつ!



水も油もパワフル吸収!だからインクも吸っちゃって漢字が...漢字が大変な事になってるぞ!



こうなると、セロハンテープではなくビニールテープを使用しているのも何か意味があるんじゃないかと悩んでしまうぞぉ!



まぁ、元気にお店を再開するのは嬉しいけれど...別の紙はニャかった(無かった)んかーい。



恐るべし呑竜のママ...店主の“神技”なるぬ“紙技”だぞぉ...ニャはぁッ!






バルサン表明!

シダボンニャはぁーッ! シダボンだぞー!



にゃ、にゃ、にゃッ!? 



強い日差しの照りつける夏の呑竜界隈...。今日は、早々おもしろいものを発見したぞー。



とある店舗に何やら張り紙...





近くに寄って見ると...




バルサンとは某メーカーが発売しているゴキブリなどに使う燻煙式殺虫剤...



煙が出るのでご近所に火事ではない事を知らせる気遣いのため張り紙をしたのだと思うんだけど...



なんだか、ゴキブリに対しての並々ならぬ感情が伝わってくるぞ。
これは、まさに 戦う決意表明!しかも消されている文字を推察すると...



たぶん...「追退治」!


一度では効かず、さらなる攻撃でごきぶり一掃を試みているのかニャ!?なんだか、“バルサン”がとんでもない科学兵器みたいに思えてくるぞ。



ちなみに...「ゴキブリ」を意図的か無意識か...「ごきぶり」と平仮名にしているのがなかなかのセンス。カタカナ表記のバルサンと視覚的にひと括りにしないところに強烈な対峙意識を感じさせるぞぉ!



夏など食品が傷むのが早まる時期に頻繁に登場するゴキちゃん。飲食店では宿命の天敵。お店として営業前に対処するのはいいことだけど...ゴキちゃんからすると容赦ない過激な張り紙だニャ。



野良のオイラも悪さして退治されないよに気をつけないと...ニャはぁッ!







 

呑竜・七夕の願い

シダボンニャはぁーッ!シダボンだぞー!


んッ!?



朝起きたら、なんだか回りが騒々しいぞ〜??



と、思ったら...




今日から4日間、前橋の街中は...ニャはっ!...七夕まつり!



お近く弁天通り商店街も...続々...






飾りが付けられ...





通りも賑わい始めているぞー。



 

そして、横町の呑竜もささやかながら...通りに七夕飾りが。





でもこの笹の葉飾り、前橋祭りに登場する力作たちと違って、実は...


ニャはっ!呑竜毎年恒例の使い回しもの!


なので、よく見ると新旧店舗の面白い短冊飾りがあったりするぞ〜。



まずは...




これは、ヤギカフェのだニャ。シンプルだけど意外と贅沢な願い事だニャ〜。



こちらは...





お客さんの健康を気遣うとは、これはなかなか立派だぞー。これはベテランのママさんかニャ?気持ちが強すぎてか(?)、最後は「がんばろう」!なんて願いが意気込みなっちゃってるぞ。



それと、ここのは...





ごもっとも!新規のお店のものかニャ?当然、お客さんがいてくれて成立つ呑竜マーケット。



しかし、その近くには...








お客さんが来ても...ボランティアしてたら商売にニャらないぞ〜。ボランティアは別の場所でお願いします。



まぁ、ボランティア精神的なものはサービス業には必要なのかもしれないけど...やっぱり呑竜では当然無償じゃやって行けないと思うぞぉ...




と、思ったら...こんな考えがありました!





宝くじが当たれば、お店はボランティア!?





まぁ、今は凄い金額が当たる可能性があるみたいだけど...でも宝くじでお金が入ったら、お店はやらなくてもいいんじゃないかと思っちゃうんだけど...




“愛”...を下さい!?



商売の究極はお金ではなく愛情のやり取り?



まったく、呑竜の人間の考えることには、いちいち混乱させられるぞ...



んッ?








商売っ気たっぷり...お品書き。




やっぱり呑竜はおかしなところだぞ〜。



もうこの際、シダボンは、


「呑竜がもっとヘンテコな場所

          になりますように」

とお願いしちゃうぞ〜、ニャはっ!







呑竜なぞの巨大植物!

シダボンニャはぁーッ!シダボンだぞー!



以前シダボンが、日記で「呑竜・祈りの“ハシ”」「続・呑竜・祈りの“ハシ”」という秘境(呑竜仲店界隈)の不思議探検レポートをしたのを覚えているかニャぁ〜?



実は最近、その秘境(呑竜)の現地研究員(ヤギカフェ・マスター)より巨大な植物が出現したという話を聞いたぞ。これはまた、シダボンの好きなヘンテコなものに遭遇するかもしれないニャぁ〜!



そこで、もうお馴染み...!?





 呑竜ふしぎ発見!
             「なぞの巨大植物に迫る」


初夏に入った秘境(呑竜)に足を踏みいれると...



んッ!?



 
いきなり!秘境(呑竜)のランドマーク(呑竜看板)が全然見えないぞっ!










  デカッ!なんか、でっかいぞ〜!!







なんじゃこりゃい?そ、そうだ、植物図鑑を持ってきたんだ...え、え〜と、不慣れだからどう調べていいかわからニャぃけど...葉っぱ、葉っぱの形とか生え方とかで...


う〜ん...もしや...




ケヤキ!?



しかも...








 まさかの...

   鉢植え!?





鉢植えにしちゃ大きすぎやしないかぁ??なんだか、よく分からないぞ...そうだ、現地研究員(ヤギカフェ・マスター)に聞いてみよう。



ふむ。



「私も植物に関してはそれほど精通してはいないので断定は出来ていませんが...同じく樹形や葉の特長などを観察したところ...ケヤキではないかと思っています。現在高さが、約240cmほどになっています。」



「鉢植えのように見えますが、既にもう底を突き抜けて地面に根をはっているでしょう。以前、この秘境(呑竜)近くで生活する方が通行の支障となると感じ一部伐採を試みたところ、秘境の先住民(年かさママ)が 『これは私たちのプランターよッ!』 などと言わんばかりの激しい剣幕を見せたので、ここまでの大きさになるまで放置されることとなりました。」


「まぁ、御察しの通り...このケヤキ、どこからか偶然飛んできて育ったと推測されるわけで...まさか意図してプランターにケヤキを植えるとは考え難いので伐ってしまうことに激怒するのは筋違いだと思うのですが...まぁ、何がどうあれ先住民(年かさママ)の勘違い及び縄張り意識というものは強いので...このような手付かずの状態となっているのです。」


「ちなみに日本一の大ケヤキは山形県東根市にある樹齢1500年のもので、高さ28m、根周り24m、幹の直径は約5mだそうですよ。せっかくあるんだから、秘境(呑竜)のものもすくすく育つことを期待しましょう。」





  ...


30メートル近くまで育ったら凄いことになるニャぁ〜。





今、市内では“ケヤキ”と聞くと「けやきウォーク前橋」(大型ショッピングセンター)を思い出すけど...1500年後には、ケヤキと言えば秘境(呑竜)となるぐらいのランドマークになるのかニャぁ!?


な、なんか壮大な話になってきたぞ...ニャはぁッ!







8 オン 8

シダボンニャはぁーッ!シダボンだぞ!



今日も界隈のとあるお店の前でおもしろいものを発見したぞ!



これニャッ!






植物って土に植えるのはシダボンだって知ってるけれど...人間は、植物が植わっている鉢も土に植えるかぁ??



さらに周りを見回すと...


 
でで〜ん!鉢の上にさらなる鉢。



別の角度から...




鉢の上の鉢の中には何故か銀紙が巻かれているいるものもあるけど...???



はっ!?これは、以前シダボンがレポートした 「呑竜・祈りのハシ」 と同じで、外敵(野良猫など)の糞尿被害から植物たちを防ぐ行為なのか??だとしても、土の盛ってある鉢の上にさらなる鉢を置く意味は??



それとも、新しい植物栽培方法??大きな鉢の上に小さな鉢を置くと、充電器のように下の土に蓄積された栄養が上にいく...プランター充電システム...


その名も 「鉢 On 鉢」 とか...



う〜ん...謎は深まるばかり...



呑竜には不思議がいっぱいだぞ。ニャはぁッ!




続・呑竜・祈りの“ハシ”

シダボンニャはぁーッ!シダボンだぞ!



前回、シダボンは呑竜で春先に執り行われるある不思議な儀式について探検レポートしたのを覚えているかニャぁ〜? 



その後、陽気もすっかり暖かくなり、どうやら儀式の成果が現れたらしいという話を聞いたぞ。



そこで、再び...




 呑竜ふしぎ発見!
          「祈りの“ハシ”」追跡調査編


秘境(呑竜)に足を踏み入れると...


はッ!?





芽が出てる!



で、その先に行くと...



ひゃッ!





花が咲いてる!



あれまッ!かわいらしい。





これまた品が良く...






ゴージャスに...







「ずいぶん背が伸びたねぇ〜」(親戚のおばさん調)




 

こちらは、まだ“祈り”が届いていないのかな??





けれども、そのすぐ向かいは...





しっかり成果が出ているぞ!



誇らしく佇む“ハシ”と“花”たち...





これが、祈りが届いた...!?春中旬の秘境(呑竜)の風景だ!ニャはッ!




<< | 2/3PAGES | >>

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ