前橋ポエトリーフェスティバル2017が始まりました!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

とうとう5月21日(日)に「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」が幕を開けました!

 

 

 

そして、公式協賛店舗であるヤギカフェのメニューにも...

 

 

 

 

 

ポエフェス特別メニュ―である...

 

 

 

 

 

「敷島浄水場配水塔カレー」と...

(750円)

 

 

 

 

 

 

「広瀬川白く流れたりジンジャーソーダ」が...登場!

(350円)

 

 

 

 

 

 

店内もすっかり...

 

 

 

 

 

ポエフェス色で染まり...

 

 

 

お土産品である...

 

 

 

 

 

 

「サクサク前橋ポエフェスコーン」

(1本150円:特別おまけ付!)

 

 

 

 

 

「ポエフェスーベニア・ウィッチ」

(1個150円:おまけ付!)

 

 

 

ど、ど〜んと展示販売!

 

 

 

30度越えをし夏日で迎えたポエフェス2017初日のお店の様子は...

 

 

 

大、大盛況で大いにポエフェス特別メニュ―を楽しんで頂きましたッ!

 

 

 

来る5月28日(日)にはポエフェス目玉の企画が前橋文学館で開催!これから界隈は益々”詩づく”日々が続きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、そこで、お店からのご提案!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年、前橋文学館を会場にしたイベントが開催された際、お昼時が重なった参加者さんの多数が店内満員の為ヤギカフェの特別メニュ―が楽しめなかった事がありました。なので今回、残念な思いをする方が減るよう、詩人さんが一堂に前橋文学館に集まる5月28日(日)は、予約で特別テイクアウト商品をご用意しておきます!

 

 

 

この日の為だけにお作りするポエフェス2017特別メニュ―、その名も...

 

 

 

「サクサク・ハムカツ・サンドイッチ・セット」

 

 

 

 

 

内容は...

 

 

 

「昔懐かし風のハムカツを挟んだサンドイッチ」 2つ、「前橋のお野菜が入ったサラダサンドイッチ」 1つ、それと、萩原朔太郎の「自転車日記」のお汁粉のくだりからインスピレーションを受けた...「あずきの入ったデザートサンドイッチ」 1つ、を食べやすいサイズでまとめ、500円でお渡ししますッ!

 

 

 

 

 

 

ご予約は、当日、前橋文学館で開催されるイベントに参加・観覧される方でお店に取りに来て頂ける方限定です!お申込み方は、特設したフェイスブックのサイトにあるディスカッション欄に"予約します!"という一言とお名前を書き込んで頂くか、info@yagicafe.com 宛に同様の事項をメールして頂くかです(*)!

 

 

 

締め切りは、5月26日(金)までとさせて頂きます!

 

 

 

それではどうぞ、これから約2週間「前橋ポエトリーフェスティバル2017」とお店の特別メニュ―を楽しんでください!そして、もし5月28日の企画に参加される方は、是非、ヤギカフェ・特別テイクアウトメニュ―を予約し、広瀬川河畔で「水」を感じながらランチを楽しんでくださーい!

 

 


*すでにポエフェス代表者・新井さんにご予約を申し出た方は、新井さんがまとめてこちらにご連絡くれる予定です。

 

 

 


 


今度こそ本当に!ポエフェス2017年特別メニュ―の発表!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

開催が近々に迫った詩のイベント「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」。協賛店で特別お食事メニューを請負うヤギカフェに今年もサクワラ・ハギタロウ氏がお節介を焼きに登場。しかし!今年は彼の助言を聞くまでもなく、すでに商品の準備は万端!毎度アイディアを教示してあげる的にやってくるサクワラを出し抜いちゃってるところですッ!

 

(*話の展開を追えない方は、まず こちら の記事をご覧ください!)

 

 


 

 

こ、これは...敷...島...!?

 

 

 

 

 

そう、ビックリしたでしょ!

 

 

ヤギカフェ提案...

 

 

ポエフェス2017特別メニュ―!
 

 

 

 

 

特別メニュ―の目玉になるのは...

 

 

 

 

「敷島浄水場配水塔カレー」

(750円)

 

 

 

 

 

国の有形文化財に登録され、88年にわたり使われ続けている前橋市は敷島浄水場の配水塔。その特徴的な外形は地域のシンボル的建物と認知され、前橋市民にとって「水道タンク」といえば「敷島浄水場の配水塔」の意味で通るほど親しまれています!

 

 

 

約900トンの飲料水ため、市街地に住む市民約6万人に供給しているこの「水道タンク」...耐震上の問題で、実はあと4年で(2021年に)稼働を終了することが今年決定。新設される配水塔にバトンタッチし役目を終えた「水道タンク」はその後、本当にシンボルとして保存されることになるようです。

 

 

 

 

 

そんな、前橋市の水道インフラの拠点となっている敷島浄水場の配水塔を...ヤギカフェは...「水」とテーマにした今年のポエフェスで...しかも、食品部門で取り上げちゃおうと試みました!

 

 

 

前橋ならではの「水」を感じる前橋の「水道タンク」の風景をカレーで表現する(!?)衝撃のポエフェス2017特別メニュ―!

 

 

 

 

 

その他、ポエフェス2017特別ドリンクメニュ―に...萩原朔太郎の「水」にまつわる詩にインスピレーションを受けた...

 

 

 

「広瀬川白く流れたりジンジャー・ソーダ」

(350円)

 

 

 

や、お土産(イベント記念)焼き菓子として...「水な風合い(味・形)」と「水なオ・マ・ケ)が付く予定の...

 

 

 

「前橋サクサク・ポエフェスコーン」

(1本150円)

 

 

 

と...

 

 

 

「ポエフェスーベニア・ウィッチ」

(1個150円)

 

 

 

...を販売予定!

 

 

 

 

 

 

どうですサクワラさん!ヤギカフェのこの準備万端ぷり!ギャフンとさせちゃいましたでしょ!?

 

 

 

 

 

 

...配水塔カレー...なんともはや...その他の商品も含め、まったく意味がわからん。

 

 

 

 

意味がわからなくても、まぁ、イイです!

 

 

とにもかくにも、来る21日(日)より「前橋ポエトリーフェスティバル2017」が始まり...

 

 

ヤギカフェのイベント協賛特別メニュ―が登場しま〜すッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

どうぞ是非ぜひ、まだまだ想像がつかないであろう「水」な商品をその目で確認し、その舌で味を感じにいらしてくださ〜い!
 

 

 

 

 


ポエフェス2017特別メニュ―の発表!?

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

萩原朔太郎や萩原恭次郎など近代詩人を輩出している前橋。そんなこともあり、界隈には詩を愛慕する人々が多くいます。そして、この土地には、詩を身近に感じれる気風が流れ、詩により一層の親しみを湧かしてくるコミュニティ(地域人・地域団体)が育っています!

 

 

 

そんな前橋で近年誕生した新しい詩の祭典...今年で4回目となる「前橋ポエトリーフェスティバル(通称:ポエフェス)2017」が、いよいよ来る日曜5月21日(日)より始まります!

 

 

 

 

 

 

芽部という詩・文学・芸術を嗜む人々で立ち上げたこの催し...実は、ヤギカフェもイベント食の部門の共同事業(コラボ)を3年連続で依頼されています!

 

 

 

そうです!ポエフェス2017も会期中、ヤギカフェでは、今年のイベントのテーマに合わせた(!?)特別メニューをご提供するんですッ!

 

 

 

 

 

 

ポエフェス2017のテーマは...前橋市のキャッチフレーズ「水と緑と詩のまち」から発意された「水」!そう、イベントでは「水」に関連づけた詩の創作やそれに付随した芸術表現が街中を会場に発表されます!そして、ヤギカフェも今年は「水」という言葉から創意工夫した料理を...

 

 

 

 

!?

 

 

 

どうもお久しぶりです。

 

 

 

 

 

 

 

詩の催しといえば貴方(ヤギカフェ)のそばに...今年も知恵を貸します...サクワラ・ハギタロウです。

 

 

 

 

ひゃ〜やっぱまた来た〜)

 

 

 

...って、何その格好!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

想像力に乏しい店主さんが、今年も特別メニュ―を何にしようか思いあぐねていると思い、サクワラがひと肌脱いできたところです。今年のポエフェスのテーマは「水」!私がヤギカフェの為に、スペシャルで”水の恵みな食材”を手に入れてあげました。

 

 

 

広瀬川のUMA(Unidentified Mysterious Animal /謎の未確認生物)とも言われている幻の魚を差し上げます!

 

 

 

!!

 

 

 

 

 

 

え、えっ!?

 

 

ダメでしょ!?さ、さ、魚!?

 

 

それは、芽部の代表者じゃ...

 

 


 

 

 

 

さすがにこれは飲食店であるヤギカフェも見た事がないでしょう。今まで誰ひとりとて釣り上げた事がない珍魚...

 

 

 

 

 

 

ギョライ・ウオト!!

 

 

 

釣るにはラーメンが唯一の餌だと発見するのに私も時間がかかりました...

 

 

 

さぁ、度量の大きいこのサクワラ...この魚をヤギカフェにプレゼントします!そして、こいつを使いポエフェス特別メニュ―...

 

 

 

 

 

 

幻の活造り定食をお出しなさい!

 

 

 

 

...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ...あ...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜!!

 

 

要らない!要らない!

 

 

要りませんから!

 

 

それより、早く戻してあげて!
 

 

 

 

 

 

 

そう、そう、サクワラさん!今年はあなたの助けなしでも大丈夫なんですから!

 

 

 

 

 

 

今回は、ちゃ〜んとこちらで特別メニューを考えてるんですッ!見て下さい、サクワラさんでも思いつかないこの「水」をテーマした特別メニュ―!

 

 

 

 

 

 

こ、これは...一体...

 

 

 

 

【つづく】

 

 

 

次週遂にヤギカフェのポエフェス2017特別メニュ―が本当に発表!!

 

 

 


 

 


 


ポエフェス特別メニュ―の発表は...

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

前橋にとって5月11日は、郷土の詩人・萩原朔太郎の命日として記憶されており、5月が界隈の詩人にとって文学をあらためて見直す適時になっています。

 

 

 

なのでこの時期、前橋文学館を中心に朔太郎忌と冠して詩や文学にまつわる催事が行われます。来る5月14日(日)も、お近く前橋テルサにて「どこがヤバイの?朔太郎」と題したシンポジウムや朗読会が開かれる予定です。

 

 

 

 

 

 

そして...先日もご紹介しましたが...あと1週間もすると、今度は街中を会場にした詩のイベント「前橋ポエトリーフェスィバル(通称:ポエフェス)2017」が開催!ヤギカフェもポエフェス食の部門を3年連続で任されることとなり、2017年もポエフェス特別メニュ―をご提供しますッ!

 

 

 

 

 

 

ポエフェスや詩のイベントが界隈で開催されるとなると必ず現れお節介をしてくるお店の”陰気キャラ”...サクワラ・ハギタロウ氏。過去2回...ポエフェス特別メニュ―の開発で悩んでいると、なんだかんだで彼の提案(アイディア)を採用してしまう破目になっていましたが...

 

 

 

 

今年こそは...サクワラさんをあまり調子に乗らせないため...彼に頼らないアイディアをすでに考えちゃってます!

 

 

 

なので...ヤギカフェ・ポエフェス2017特別メニュ―は、もう少し後、ちょうど良いタイミング(高飛車サクワラさんのお節介を跳ね除けギャフンと言わせてあげる時)を見計らって大発表しちゃいます!

 

 

 

という訳で...本日は、ポエトリーフェスティバルが始まり特別メニュ―が登場して、そちらに気が向いてしまう前に是非ともお召し上がりになって頂きたい、只今大人気の商品をご紹介しておきます!5月になって登場し売上No1になっているメニュ―...それは...

 

 

卵がのったインドネシア風焼き飯(ナシゴレン)!

(750円)

 

 

 

東南アジアを感じさせる、ややピリ辛い香辛料と海鮮具材でゴハンを炒め、半熟卵を乗せちゃいました!傍らには定評あるお店のフレッシュサラダが沢山!見た目と匂いだけでも一気に食べ進めちゃうのがわかる一品です!

 

 

 

迫るポエフェス!近づくヤギカフェ・ポエフェス特別メニュ―の大発表!...と、その前に、是非ぜひ只今お店の通常メニュ―の一押しをお試し下さ〜い!

 

 

 

 

 

 

 

 


大型連休が明け、今年も詩のイベントが開催です!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

お天気に恵まれ、お店も大変賑わった今年の大型連休が終わると、こんなチラシがお届けされました!

 

 

 

 

 

 

そう!5月の恒例催事となりつつある、前橋ならではの詩のイベント...

 

 

 

前橋ポエトリーフェスティバル2017

(通称:ポエフェス)

 

 

 

...開催のお知らせ!

 

 

 

チラシの中身を見ますと...

 

 

 

第4回目となる今年のはテーマは前橋市のキャッチフレーズ「水と緑と詩のまち」から発想広げた「水」とし、「水」に関連づけた詩の創作やそれに付随した芸術表現を発表するとの事!

 

 

 

 

 

そして...よ〜く書いてある情報を見てい行くと...な、なんと!今年もイベント食部門の共同事業(コラボ)者として「ヤギカフェ」の名がしっかり記されているではあ〜りませんかッ!

 

 

 

 

 

 

2015年にポエフェス主催者の「芽部」よりイベント特別メニューをご依頼されてい以来、連続してコラボ企画のお声が掛かっています!

 

 

 

 

 

 

「詩」と「水」がつながる「ポエフェス2017」...ヤギカフェもイベントにちなんだ今年のポエフェスお食事メニューを...

 

 

 

 

 

今から急ピッチで

 

考案予定(汗)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アッ!ヤギカフェがまた詩のイベントに関わり...こんな風に焦っていると...ま〜た「アノ人」がやって来ちゃう...

 

 

 

 

 

こりゃまた、厄介にならなきゃいいけど...(汗)

 

 

 

と、とにかく今年もポエフェス開催のお知らせが界隈に届きましたよ〜!

 

 

 

*「アノ人」の厄介さをご存じない読者さんは、どうぞブログ内を「ポエフェス」で検索。過去記事をご参照あれ。

 

 


| 1/143PAGES | >>

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【利根川虎美】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ