ヤギカフェ「TARO」仕様のサービスの総括!&「岡基多猫と『今日の猫街』」最終回

ヤギカフェ・ママ

ヤギカフェ・ママです。

 

 

 

昨年10月5日から今年の1月14日までアーツ前橋にて開催されていました「岡本太郎と『今日の芸術』」展。

 

 

 

 

 

 

兼ねてから岡本太郎の創作に対する情熱と打ち出した色褪せない日本観に大変共鳴していたヤギカフェは、展示会期中、すべてのお食事・デザートを「TARO」仕様に飾りつける独自のサービスを実施し...もちろんお店や食べ物を楽しんでもらうとと同時に...多くの人々にアーツ前橋に出向いてもらい岡本太郎と向き合い、尚且つ街や地域の活力になっててもらおうと尽力しました。

 

 

 

CIMG9194.jpg

 

 

 

2016年に前橋市の「めぶく」事業が生まれ、私たちの界隈が今までにないほど自立性と独自性を確立するために動き出しました。そして、その一環として2017年に岡本太郎作品「太陽の鐘」が街にやってきました。そしてその流れを汲み、今回のアーツ前橋の展示が実現しました。

 

 

 

地域に根ざすしか生き残る道がない路地裏店舗のヤギカフェとしては、我が前橋と大好きな芸術家が思いもかけない結びつきを持ったことを、なんとか自分たちなりに転化させ、より多くの人たちが「めぶく」に同乗し、より一層の前橋の変化・成長の促進に繋がればと願い、今回の独自サービスに取り組んだのでした。

 

 

 

諸所展示や太郎さん関わる方々からお叱りやクレームがくるのを覚悟し、注意があれば謝罪・中止とすることを心得...しかし、太郎さんへの敬愛と前橋開拓精神を絶対的にもって...供したものはこれらです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス開始直後は、岡本太郎の絵画や彫刻作品のシルエットを想像して作った手製のステンシル(型抜き)を使い、ハムの上にブラック・ココアパウダーで絵付け。お客様が注文されたお食事につくサラダのいち素材としてお皿を彩りました。ブラック・ココアパウダーは、薄く塗りつけるぶんには、ほとんど苦みを感じないので料理の味を崩すこともありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、すぐにハムには飽き足らず、様々な野菜にも絵付けが広がり、大根、ズッキーニ、チーズや豆腐...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柿や卵焼き、リンゴにもモチフーが!

 

 

 

 

 

 

展示会期中に各所パティー・交流会用にご注文頂いた仕出し総菜も、「太郎の展示」と「めぶく」を宣伝&主張!

 

 

 

 

 

 

1970年の大阪万博における太郎作品「太陽の塔」内の地下にあったとされた「地底の太陽」(万博後行方不明)にインスピレーションを受けたナシゴレン&サラダであったり...

 

 

 

 

 

 

 

市街地の空き家対策を研究するグループの会合には「空き家TAROいなり」を召し上がって頂きました。ちなみに「空」の数は、ヤギカフェの位置する千代田町の空き家率27%(2017年調査/深刻課題!)を表現!居住中の家に見立てた総「TAROいなり」の数に対して正確な比率で「空」があります!

 

 

 

絵柄は「太陽の鐘」(本物は前橋市広瀬川沿いに常設!)

*ここでの絵柄とはインスピレーションを受けた元絵を指します

 

 

 

デザートの「TARO」仕様は、ココアパウダーステンシルに加え、食紅で着色した練乳でさらにデコレーション!原色が目立つ太郎作品を彷彿させることを意識しました。

 

 

 

絵柄:「太陽の塔」(本物の所在地は大阪府吹田市の万博公園)

 

 

絵柄:「太陽」(川崎岡本太郎美術館のロゴにもなってます!)

 

 

絵柄:「地底の太陽」(2018年3月に復元された「太陽の塔」内部で模造品がお目見え!)

 

 

絵柄:「ノン」(本物は土器のような立体作品!)

 

 

絵柄:「若い夢」(題・造形が微妙に違う立体物が各地に複数あります)

 

 

絵柄:「未来を拓く」(岐阜メモリアルセンターにあるモニュメント!)

 

 

絵柄:「繚乱」(兵庫県ホテルシーショア御津岬にある金色の像!)

 

 

絵柄:「芽生え」

 

 

 

絵心・遊び心がある方は、店主の勝手なサービス・デコレーションにもしっかり対峙してくれ、前橋「めぶく」動きにも興味を示してくれました!

 

 

 

 

 

 

 

展示最終日1月14日(月・祝)は、特別営業を実施し、最後の最後まで展示と前橋を応援!

 

 

 

絵柄:「座るのを拒否する椅子」(群馬は伊勢崎市の広瀬公園にも寄贈設置されています!)

 

 

 

この日は特別にお茶請けとしてミニ「TARO」ドラ焼きをサービス!まだ展示に行っていない方を猛烈に出向くようプッシュしちゃいました。

 

 

 

また、デザートも最終日だけの力の入ったスペシャルなお皿を用意!

 

 

 

絵柄:「海辺」

 

 

絵柄:「よろこび」

 

 

絵柄:「夜」

 

 

 

以上が、お店がアーツ前橋「岡本太郎と『今日の芸術』」展に合わせて独自に行っていた特別盛り付けサービスでした。印象としては、全てのお客さまがサービス自体に違和感を持つことなく私たちの意図を理解し、純粋に盛り付けそのものを楽しんで頂けたと思います。またお食事を提供する際の会話の中でも自然と「太陽の鐘」や「市の動き」などがトピックとなりました。そして、手ごたえとしては、非常に多くの10代・20代の岡本太郎を知らない方、前橋の「めぶく」動きを詳しく知らなかった方の探求の触手を伸ばすことが出来たのではないでしょうか。

 

 

 

不思議な巡り合わせでつながった岡本太郎と前橋市。両方好きなヤギカフェは、なんとか身の丈・裏路地庶民レベルで二つを一つに繋げて界隈のプラスな意識変革を生み出せればと思いました。そして今回の独自サービスで少しはそれが実現でき、また数ミリ地域に根を張り伸ばすことが出来たんではないかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

「岡基多猫と『今日の猫街』」

最終回

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ