「まえばし猫町フェス2018」の総括その1&「岡基多猫と『今日の猫街』」第2回

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

しばらくイベントが立て続き、そちらのお知らせを優先し、すっかり後回しになってしまいましたが...

 

 

 

ここに来てやっと!先月行われた「まえばし猫町フェス2018」の総括をお伝えします!

 

 

 

 

 

郷土の詩人であり詩集「青猫」や小説「猫町」など有名な作品を残した萩原朔太郎。そして、この偉人にインスピレーションを受けた地元の詩人グループ「芽部」が2015年より「猫」をテーマにした詩のイベントを毎秋企画しています。そして今年も10月21日(日)から11月4日(日)まで開催されました。

 

 

 

 

 

過去3回は、イベント名を「まえばしネコフェス」として詩の愛好家のみならず多くの猫好きさんたちを巻き込む催しに育ててきました。しかし、今年からは更に「朔太郎」「詩」「猫」の結びつきを強く印象づける為「まえばし猫町フェス」と名称を変更し新たなスタートを切りました。

 

 

 

 

 

 

そしてヤギカフェは、「ネコフェス」初年度2015年よりイベント食の部門公式協賛店に指定されており、「猫町フェス」と変わった2018年も引き続きその役を任され会期中にイベント特別コラボメニューを提供することとなったのでした。

 

 

 

さてそこで、ヤギカフェがどんな特別メニューを出したかと言いますと...これが少し複雑な話になりまして...実は「猫町フェス2018」が開催される約2週間前よりお店ではアーツ前橋が主催している「岡本太郎と『今日の芸術』」展を勝手で猛烈に応援する為、お店のメニューを「TARO」仕様に盛り付け提供するという企画を始めていました。

 

 

 

photo_l-15378733150.jpg

 

 

 

 

そんな中で「猫町フェス」との連動を迎えることになり、どのように「太郎」と「猫」を食事の中に共存させようかと会期直前まで悩んでいましたら...

 

 

 

なんと「岡基多猫(オカモトタビョウ)」という奇々怪々な猫がヤギカフェの前に現れ...

 

 

 

不思議な猫が登場した時の話を見返したい方は こちら

 

 

 

お店の食事・デザートが「TARO」仕様でありながら...

 

 

 

CIMG8661.jpg

CIMG8665.jpg

 

 

 

「Nekomachi(猫町)」仕様で飾られるという、なんとも突飛で複雑なコラボメニューが生まれてしまったのです!

 

 

 

では、一体どのような見栄えであったのかといいますと...

 

 

 

それは、また説明がややこしく長々してしまいそうなので...次回に持ち越すとします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「岡基多猫と『今日の猫街』」

第2回:「ネコフェストーリー2015」を振り返る

 

 

 

 

 

2015年10月15日掲載

「序章」

 

 

 

 

 

2015年10月19日掲載

「第1話」

 

 

 

 

2015年10月22日掲載

「第2話」

 

 

 

 

2015年10月26日掲載

「第3話」

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月29日掲載

「第4話」

 

 

 

 

2015年11月5日掲載

「最終話」

 

 

 

 

 

次回「ネコフェストーリー2016」を振り返る

 

 

つづく...

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ