2017年をふり返り

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

2017年最後のブログ!今年の総括です。

 

 

 

ヤギカフェ・マスターが問題を提起し改新を訴えている弊商店街・呑竜仲店は、昨年一昨年前の状態よりまったく向上せず、退廃をより深刻化さた年でした。来年はおそらく、マスターが3年も前から予期し喚起していた困難が具現化し、手立てを打つ事を拒否した商店街役員やその姿勢を扶助するような態度をとった取り巻き達が大きな代償を払うことになると思います。どうぞブログの読者様もいま一度商店街の実態を知って頂き、2018年の呑竜仲店の動向を追いながら、「街」や「商店街」とは何かを深く考えてみて下さい。

 

 

 

 

商店街に関しては今年も憤りさらに堆積させた年でしたが...ヤギカフェ個店としては喜ばしい大台に乗った年でした。なんと2017年7月をもって開業10周年を迎えることができました!

 

 

 

 

 


そして支えて下さるお客様や地域に方々との交流が一層深まり、土着感溢れる「前橋ならではのお店」に少し近づけたように感じます!

 

 


地域ならではの縁日的フリーマーケット「弁天ワッセ」には今年も全て参加!いよいよ常連出店者として認知され、滅多に休めなくなっちゃいそうです!

 

 


本年度も、ご近所・熊野神社の大切な地域行事「大酉祭」にて特別露店販売が出来ました!継続して声が掛かるようになり、お店の地元色が更に色濃くなってゆくのを感じます!

 

 

 

 

 


年月とともに広がる着実な繋がりは、新しい経験とコミュニティーとの関わりをもたらしてくれました。昨年の勢多農林高等学校からインターンシップを引き受けたのに続き、本年は、青少年健全育成事業を行う団体より要請があり、なんと裏路地の飲み屋横丁という環境ながら小学生の職業体験を引き受けました!

 

 

 

 

 

 


地元色を色濃くしてくるという意味で一緒に成熟しゆくものもあります。前橋の詩人団体「芽部」が主催する文学イベント「ポエトリーフェスティバル」と「ネコフェス」には、今年も公式協賛店舗としてお呼びがかかりコラボメニュ―を展開しました!この町で新しく生まれ、共に「この場所ならではのモノ」に成長しようとする人々とまた研鑽できたことは大きなパワーアップとなりました。

 

 

 

 

 

 


創業10年となった2017年。少しずつですが、お店のサービス、見え方、地域との関わり方は、レベルアップしてきていると思います。前橋市も昨年より「めぶく」という官民一体の政策を指針に新たな環境作りに着手し始めており、この流れを上手く掴むことが出来れば、ヤギカフェの伸びしろは、「まだ...まだ...まだ...ある!」と感じます。

 

 

 

「めぶく」の象徴行事として今年6月と11月に2回フェスティバルが開催しました!

 

 

 

来年はお店の一体どんなところが開花できるのか楽しみでもあります!まぁ、唯一確実に言える事は、新たなヤギカフェ・マスコットキャラクターがじゃんじゃん咲き出すことでしょうか...(汗)

 

 

 

「めぶく」行事に合わせ今年はオカ・モトタロウ氏が新たにヤギカフェ・キャラに加入!

 

 


とにもかくにも、そんなこんなな2017年のヤギカフェ。今年も本当に多くのお客様にご来店頂き感謝しております!来る新年も引き続き地域に根を張りつつも躍動的であるよう努力して行きます!どうか皆様、2018年も宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

それでは良いお年をお迎えくださ〜い!

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ