6.25「前橋めぶくフェス」で特別商品を猛烈に販売!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。

 

 

 

 

6月25日(日)は、「前橋ビジョン」という市が推し進める取組みから萌え出た「前橋めぶくフェス」が界隈で初開催されました!

 

 

 

 

 

 

 

会場には、今までこの辺りで知られてなかった市内外の優良なお店や若手店主の商品が紹介され街は大変な賑わいでした!そして、もちろん、ヤギカフェも...フェスの公式出店者ではありませんでしたが...会場より程よく近い実店舗で...お店の新たなマスコットキャラクター(!?)オカ・モトタロウさんの支援を得て...「前橋めぶくフェス」特別商品を販売!(商品販売までの経緯は、こちらのお話をご参照→ 第1話第2話

 

 

 

 

 

 

イベント当日、会場の賑わいから少し外れると...こんな怪しげな貼り紙が...

 

 

 

 

 

はい、オカさんの仕業です(汗)。

 

 

 

そして、気になっちゃった人がヤギカフェ前にやってくると...メニュ―に...

 

 

 

 

 

「太陽のカレー」(750円)と...

 

 

 

 

「めぶくッキー・スコーン」(150円)が...

 

 

一覧に!

 

 

 

そして、興味をもって店内に足を踏み入れると...いきなり...

 

 

 

 

 

「前橋めぶくフェス」初開催記念焼き菓子「めぶくッキー・スコーン」の広告と商品がお客様に圧力!これもオカさんの仕業です(汗)!

 

 

 

さらに「めぶクッキー・スコーン」の籠を覗くと...

 

 

 

 

 

前橋の市章を型どったシナモン、チョコレート、アイシングシュガーが相俟って美味しい焼き菓子が...デザインの異なるパッケージに入っていて...お客様を迷わせます!

 

 

 

 

 

 

仕方がないから、いくつか違う絵柄のパッケージを購入し、せっかくだから「太陽のカレー」も食べようと注文しますと...オカさん作の衝撃な形のカレーが登場!

 

 

 

まぁ、ここからは、オカさん本人よりご説明頂きましょう...

 

 

 

そう!これが、「太陽のカレ〜」だッ!

 

 

 

 

 

なんと「太陽の鐘」が前橋にやってくるというではないかッ!これに私は感動した!そして感動したから、これを乗り越えなければならなかった!

 

 

 

 

 

 

広瀬川の河畔に丘を作りそこに設置する...そう、だからゴハンの丘だ!まだ場所が正式に決まっていない?そうだ、だからカレーのルーも別だ!川の位置がどこにあるかわからなければルーの場所も定まらない!場所をイマジネーションし自らそこへに川を創れ!

 

 

 

 

 

 

鐘が、丘が大きすぎる?子供が、老人が登れない?危ない?危険?そんなことは何の問題でもない!激しく猛烈にお互いの意見をフェアにぶつければいいんだ!そこに生まれるのが本当の調和...戦う事、挑戦することを恐れてはいけない!

 

 

 

 

 

 

どんな市民でも、感覚と言いたいことがあればいつでもめぶける。何をいいたいのか、それが自分ではっきり掴めていないから、めぶき方に迷う。肝心なのは、モチーフだ!

 

 

 

 

 

 

思い切って、のびのびと踏みだしてみる。「めぶく」とはなんであるか、その喜びをみずから発見するんだ!ゴハンの上にあるもの...なんだこれは!そうこれは私のアート・ピース...太陽の缶バッジ!もちろん無償・無目的で食べるものに捧ぐ!

 

 

 

 

 

 

めぶきは多くのものを失わせた?失われたものが大きいと思うなら、ならばこそ、それを十分に穴埋する事はもちろん、その悔いと空虚を逆の力に作用させて、それよりもっとすぐれたものを創る。そう決意すればなんでもない!挑戦を避けたままオリてしまったやつには新しい人生などはない!そしてこの「太陽のカレー」...それはココナッツが十分に利いたタイ風のレッドカレーにトマトを沢山溶け込ませ、辛さ・甘み・酸っぱさという相反するものが見事に共鳴・反発しあい食べる者に挑むカレーなんだ!

 

 

 

 

 

 

仲良し的になっては駄目だ!もっと効果的に、本質的に前橋に対立する、その方法を定めることがめぶく!今こそ何故縄文人が縄文土器を創ったのかを考えなくてはならない!

 

 

 

 

 

 

もしたとえ自分がめぶかなくても、これこそと思うものは自分の責任で、徹底的に支持するべきなんだ。もめてるから立ち寄れない?「いいね」できない?そんな奴は蹴トバシテやれ!

 

 

 

太陽の鐘の作者の言葉をあるがまま伝えるとすると...「現在、権威にされているものでも、かつて、古い権威を否定したときの情熱をもちづづけ、さらに飛躍して自分自身と時代をのりこえようと進んでいる場合は、その人はうち倒される古い権威側ではなく、若さと新鮮さの陣営にある!」

 

 

 

さぁ、どうだ!これが「太陽のカレー」なんだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

な、なんだか良くわかるような分からないような説明でしたが...
 

 

 

 

と、とにかく初開催となった6月25日(日)の「前橋めぶくフェス」で、ヤギカフェは、いつもながら便乗特別メニュ―をご提供しました。そして、イベントが盛況だったのと同じく、こちらの特別メニュ―も多くの方に召し上がり喜んでいただきました!

 

 

 

それと...「太陽のカレー」は終了しましたが、「めぶくッキ〜・スコ〜ン」は日持ちし、お土産としてお持ち帰り下さるかたが多いので今週も継続的に販売します!まだ手に取っていない方...めぶく、めぶかない、に関わらず...是非ぜひどうぞ!

 

 

 

 


 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ