お酉さまでの貴重スナップ!

シダボンニャはぁーッ! シダボンだぞぉ〜!



この間、ヤギカフェが初めて地域のお祭り「大酉祭」に出張営業



ニャン(何)だか面白そうな事があるかもしれないと覗きに行ったら...



案の定!


面白スクープ写真の撮影に成功!


昼間は、なかなかの賑わいをみせて、ヤギカフェのお弁当も、まぁまぁ売れていた模様。これじぁ、シダボンとしてはまったく面白味に欠けるぞぉ...


しかし!


会場でのイベントがひと通り終わってしまった午後6時以降...


再び神社を覗いてみると...



パシャリ!




縁起物販売者以外のほとんどの出店者が撤収!


ヤギカフェ・ママだけがポツ〜ンと1人!


お祭りは20時までなのに...


こ、これは寂し過ぎるぞぉ!


まぁ、夜の参拝者もチラホラ来るので、独占商売言えば...そうかも...



しかし、あまりにもポツンとし過ぎて近寄り難いぞぉ!



ヤギカフェ想定外の夜の孤独営業...



お祭り実行委員会も来年は夜イベントの充実に取り組んでくれる模様なので、今年限りの貴重な面白スナップになりそうだぞぉ。


ニャはぁッ!



 

コメント
貴方が行っているネット投稿について、ご意見申し上げたくここに送ります。
今回、人から聞きおよび、組織のフェイスブックを使い、ご自分の不満を長きにわたり、
貴方が投稿し続けているという事で、私も見てみました。
あまりに沢山の投稿物の連続で、全部読むのも少し骨が折れましたが。
ざっと、全体像はつかめました。

ここで、貴方について、一番の問題点は何か?という部分で、お伝えしたい事があります。
ご自分の行いを正しいと信じ込んでいる様子が伺えますが、キツイ言い方ではありますが、
とても常識を兼ね備えた社会人とは思えません。幾つぐらいの人だろう?と少し調べれば、
貴方が30代半ばという事が分かります。また、どのような風貌の人だろう?
と思えば、貴方のようにネットのあらゆる所に痕跡がある人は、すぐに画像が見つかりま
す。こういう、風貌の人か・・・、とすぐに貴方を知る事が出来ます。
貴方が、今回、自分の不満を書き綴った場所は、「フェイスブック」です。
現実社会で交流が行われている場所です。
その交流サイトに、貴方は個人名のフェイスブックではなく、組織の名前で立ち上げて、
自分の主観だけによる問題点として、相手方に個人攻撃を繰り返しています。
そして、そこにコメントを入れていたり、「いいね」をクリックしている方も、
フェイスブックなだけに、「現実社会のだれ誰」という事がすぐに分かります。

それが、ネットの怖さであり、ブログやHPとは違うフェイスブックの怖さでもあります。
貴方の事、貴方にコメントや「いいね」を入れた人達の知らない、アナログ社会で、
その人物の話が上ったり、噂になったりしているのです。
政治に携わっているとみられる方を始め、飲食・ショップ経営者及び店員、歯科技工士、
大学理事長、建設会社等各種企業にお勤めの方、と貴方のページに訪れる方は様々です。
また、貴方と同じ組織でお店を経営されていると見られる店主の方からのコメントも拝見
しました。
そのやり取りを通して、また「貴方」という方の人となりが分かりもしました。

貴方が、自分の視点から見た状況で不満を持つ事や、問題を提議するのはいいと思います。
ただ、貴方が抱える問題は、結局のところ人間関係によるものだと感じました。
そして、その問題を解決出来ないのは、貴方と相手方との相性もあるでしょうが、
多分に貴方の性格的な事も影響しているという事が、貴方の投稿物を見て感じた事でも
あります。

貴方は、企業等(公的機関含)、もっと大きな組織で働いた経験はおありですか?
祖父母と孫の世代くらい違う人間が集まり、性格も価値観も異なる人間が一緒に仕事をす
るのです。
仕事を進めていく上では、人間関係の衝突によるトラブルや、心の葛藤というのは、
日常茶飯事です。そのせいで、大事な仕事に支障をきたす事もあります。

そういう内部のトラブルに不満を持つ人が、会社のサイトを使い、
「○○会社の○○です。今回、皆様に知って頂きたく、ここにお知らせ致します。当社の
○○部○○課でこのような内部的問題があります。○○職につくこのような人物により、
このような事になっています。許す事が出来ません。」とやったら、どうなると思いますか?
会社全体が大騒ぎですし、その社員は社内規定で処分されます。

貴方が不満を持つ事に対して悪いと言っているのではなく、その不満を多くの人に共有し
てもらいたいという欲求から、ネットを選択するのが「悪い」行いだと伝えたいのです。
ネット社会が定着してから、ネット上のトラブルというのは後を絶ちません。
世界中では、ネットへの投稿問題から、自殺者も出ているのですよ?
貴方は、自分の不満を言う場として、「ネットという便利なツールを使わない手はない」
と、堂々と書いています。しかも、その場所は「フェイスブック」です。
30代半ばといえば、物事の道理や社会常識も兼ね備えていてもよい年齢です。
貴方の書かれた文言を一字一句まねて書けば、このように思う人もいるかもしれません、
「ヤギカフェ田村店主の持ち続けるこの体質は、亡くなるまで続くのでしょうか?」と。

この投稿を入れる前に、どなかが入れた投稿物に対しての、貴方の返信を見ました。
それを見て思った事は、貴方が、有益な情報を共有すべき相手は、
ネットを見ている閲覧者では無く、当事者間のみであるという事をお伝えしたいです。
貴方のやられている事は、山崎豊子さんの世界ではなく、単なる自己主張の独壇場の世界
です。

厳しい言い方をすれば、貴方のような思考回路では、どこに行ってもいずれはトラブルメーカーの存在になると思います。
  • ネット投稿が問題である事について
  • 2014/11/16 8:43 PM
不満や主張を持つ事は間違っていません。
しかし、それに対して、人間関係の構築に務める前に、
ネットを使い自分の主張を正しい事として既成事実を広め(しかも組織のフェイスブック)、
一方的に相手方を責め立てるような手法を使う人間は上に立つ資質は無いと思います。
そして、貴方のような手法は、問題が解決するどころか、往々にして悪い方向へと行くの
が常です。
今、貴方の周囲の人も、相手方の周囲の人も、事の成り行きを見守っている人は大勢いる
でしょう。
怒りが沸点に到達している時は、理性が働かなくなる事もあります。でも、相手方も同じ
ように貴方への不満や怒りがあるかもしれないという点にも考えを及ばせ、
今一度、原点に立ち返り、ネットでの行為は止められるべきと思います。

貴方のおられる組織の20年後・30年後を一緒に考えるべき人達は、ネットの向こう側の
人たち閲覧者ではなく、当事者の方たちです。
貴方の投稿物の内容は、状況が2極に分かれているように書かれていますが、実状は違う
のではないですか?
他の店主さんがコメントを出されている内容を見ても、貴方の行いにとまどいを見せてい
る方もおり、貴方の行為に加わらず、状況の行方を静かに見ているだけの方もいそうと
感じます。
貴方自身がもっと冷静に対処できる術を学ばないと、今後、貴方自身が人望を集める事も
出来ないでしょう。

見ると、貴方の組織で貴方のお店のようにカフェ形態でやられているのは、
貴方の所以外にないですね?それだけに、場所柄、貴方のお店の苦労も分かります。
お店が出来ては撤退しているのは、貴方の組織だけではありません。
普段、群馬県内を車で走らせていると、あなたの所よりはるかに立地の良い飲食店でも、
「あー、ここのお店、もう潰れっちゃったんだ。」と思う事はしょっちゅうです。
だから、あなたのお店が7年間頑張っているのは、とても努力が続いていると思います。
そして、相手方のお店も何十年と続いているのは、お馴染みさんが通って下さるような
営業努力があるからだと思います。
貴方も努力しているし、相手方も努力しているのです。
だから、貴方の負の感情が爆発しただけのような内容の、あのような投稿物は、
色々な溝と弊害を生むだけで、けっして良い方向に行くとは思えません。

まずは、怒りの感情を沈め、20年30年先まで組織を残していくのに何が必要か?
という事を内部で考える事が大事です。その中で、一番必要なのは円滑な人間関係です。
誰かがトゲトゲしていては、それだけで弊害になってしまいます。
そして、せっかく半世紀も続いた組織なのです。
伝統と新しさの融合という事も大事ではないでしょうか?
相手方のお店にも、古くから何十年も通われている多くのお客様がいるでしょうし、
貴方のお店を心の憩いの場として、通われているお客様もいるでしょう。
性格も価値観も異なるのが人というものです。嫌いな人も合わない人もいるでしょう。
それは、どこの組織にいっても一緒です。
お伝えしたい事が、伝わりましたでしょうか。

貴方のお店も、日記を読むと今年初めてお酉様に出店された様子です。
あのような立地は、人通りも少なくお店でのお客様待ちも大変だろうと推察します。
貴方の投稿物を読むと、客足の流れの改善をしきりに考えている事が伺えます。
それも大事ではありますが、あの辺りは他に複合的な要素が無いのが現実です。
あなたの組織だけ、色々改善しても限界がありそうです。どういう事か?
食事をしたついでに、映画を見ようか?買い物していこうか?と思っても、
周囲には他に寄れそうなショップの集まりがない。
せいぜい、広瀬川散歩くらいでしょうか?飲食店はいくつか点在しています。
しかし、大抵の人は飲食店は1店舗しか行きません。

大都市の人通りの毎日何万という多い場所のお店でも数年で入れ替わっていたりします。
難しいのですよ。お店経営は。
博多の屋台のような感じなら、お客様もそこを目指して集まってくるかもしれません。
しかし、群馬はなんといっても車社会、その中でも、前橋の街は駅から遠すぎます。
しょっちゅう、行こうと思うには不便過ぎるのです。ましてや、観光客にも頼れません。
そこで、一番大事になってくるのは、リピーターを掴む事です。
お馴染みさん達にご贔屓にしてもらう事です。
わざわざ、そのお店のためだけに足を向けてもらう事を目指すのが、生き残りの道です。
何年、何十年続くお店は、リピーターを掴んでいるからに他なりません。
貴方の組織が、もっと店舗数を増やす事を努力して、活気を出していくのは良い事だと
思います。
  • ネット投稿が問題である事について
  • 2014/11/16 8:46 PM
貴方の書かれているように、空き店舗の整備もとても大事だと思います。
そして、通りを明るい雰囲気に変えていく事も良い事だと思います。

貴方のお店が立ち並ぶ場所は、何といってもあのような立地です。それは、前橋の街の他
の飲食店の数々にも言えます。たまたま通って、入ってくれる方もいるでしょう。
でも、そこに可能性を見出す事を潔く捨て、わざわざお店に足を向けさせるようにする事
の方が一番大事で、お店が長生き出来る道だと思います。
弁天通りにある「ポンチ」をご存じですね?昭和の香り漂う、あのレストラン。
あの人通りの少ないあの場所で、何十年変わらずに営業を続けています。
メニューも時代を追ってハイカラにする事なく、変わらないスタイルです。
あのお店を目にすると、なぜだか安心感がわきます。変わらずにそこにいてくれるという。
きっと、多くのリピーターに愛されているのだと思います。

貴方のお店もネット上で確認しましたが、店内の雰囲気と手の込んだ様子のカフェご飯は、
とてもアピール出来るものだと感じました。
実際にはすでに行っている事かもしれませんが、
お酉様や弁天ワッセのようなイベントに出店される機会があったら、
お弁当を売る事が主目的ではありますが、そこで、お店に足を向けてもらうお客様を掴む
事も大事だと思います。
店内の様子を写した写真や、お店で提供するメニューの写真を集めた物を大きなプレート
で用意して、屋台の前に立てかけたりすれば、一瞬で目線で捉え、頭の片隅に残ったりし
ます。
買って食べたお弁当が美味しくて、店内の雰囲気とカフェごご飯やスィーツの写真映像が、
頭をもたげ、一度、お店に行ってみようかと思うかもしれません。
お店に来てみたら、居心地がよくて、また来てくれて、いつしか馴染み客様になる人もい
るでしょう。
大事なのは、リピーターのお客様をより多く掴む事です。
中にはいちげんさんもいるでしょう。実際にお店に来店されるお客様は、お弁当を買って
くれた中の1%しかいないかもしれません。地道な道のりで、大変です。
でも、お店で提供されるものが確かな物であれば、一度掴んだリピーターさんは、
なかなか離れないのは、貴方自身が実感されている事と思います。

誰かに不満の矛先を向けて、怒りで覆われていたら、全てが悪循環となってしまいます。
自分の不満点ばかりを考え、やみくもに改善を迫り、自分に全権を渡すか、
それが出来ないなら相手方に引退しろと、乱暴なやり方をネット上で行うのはよくないと
思います。
本当にネットを使う点が一番よくないです。それも、フェイスブックは尚悪いです。

貴方にも良い所があるでしょうし、相手方にも良い所があるでしょう。その逆もです。
老舗の企業が残る理由や倒産する最大の理由は何であるか分かりますか?
最大のところは、「お金」です。どんなに良い人材の集団でも、資金が回らなくなったら
倒産です。貴方の組織も、運営に資金が絡んでいるのですから、貴方が責め立てる相手方
がきちんとお金を滞る事なく回してきた事が、今も組織が残る理由の一つだと思います。
それには、責任が伴います。貴方の所のような組織は、手形の発行とは無縁でしょう。
全て現金決済のはずです。そのような組織は、収入と支出のバランスを取るのも一苦労のはずです。
何十年とその場所にいれば、おのずと様々な人間関係も出来上がります。
それらで築きあげた人間関係をお金の迷惑で崩さないよう、責任を持ち、きちんとお金を
回してきたから、今も貴方の組織が残っているのだと思います。

貴方の目から見たら、イライラする事もあるでしょう。
貴方の組織は、ここに至るまで前橋の衰退と景気の浮き沈みのある中、店舗数の減少、
滞納問題に絡む収入の不安定さと向き合いながらも、どこにお金の迷惑を掛ける事無く、
資金を回してきた責任が相手方にあったから残っているのだと思います。
今後の新陳代謝と20年後、30年後を考えるのは、とても大事だと思います。
でもそれは、ネット上で提議する問題ではなく、結局組織の中でしか解決出来ない事です。

貴方は相手方の運営で、組織が今も残るのは奇跡だと、ネット上でアピールしていますが、
組織が残ってきた理由を「奇跡」と簡単に片づけるのではなく、その理由を考える事だけ
でも、溝を埋める一つのきっかけになるのではないでしょうか。
  • ネット投稿が問題である事について
  • 2014/11/16 8:55 PM
ネット投稿が問題である事について様

コメントありがとうございます。呑竜仲店に関してどのような立場にいる方はわかりませんが、今件に関して色々とお調べになって頂いていることを有り難く思います。

しかし、可能であるならば再度、私の文面をもう一度読み直してみて下さい。事態は、「本来組織の中で解決する事」が「組織の中で解決できない」状況なのです。

商店街の運営が破綻しかかりました。

店主全員での会議が持たれ、多数の店主たちが「私」を運営の幹事役・先導役に選びました。

私は新たな取り組みと過去に作り上げた不備な点の改善を求めました。(不備な点を不備であったと証明する書類、それを認める当事者の手紙・メール・口頭での回答も頂いています。)

しかし、実際不備を改善するための更なる情報提供に関して今迄の運営者(古株店主)は非協力的であり、見直し手続きにも面従腹背。

幾度の問合せ、協力の呼びかけにも応じず、無視やはぐらかしをし変わらず勝手な物事の決定をする方々に対して投稿者様はどのように対応しますでしょうか? 私は外部に...呑竜仲店に愛着を持ち...呑竜がもっと良い場所になる可能があると考えているお客様に問題解決の活路を見出しました。

再度問います。もし投稿者様が「私」であったらどのような行動をとりますか?「○○はしない」ではなく「〇〇をする」という回答を求めます。
  • ヤギカフェ店主・田村
  • 2014/11/17 12:12 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ