呑竜の灯り

ダチョウです。



11月末にもなると、すっかり日も短くり、夕方4時半頃にもなると、あたりはこんなに暗くなっちゃいます。




ふと...ここで疑問...



そういえば、呑竜って...昼間は提灯や看板、通りの蛍光灯などが点いてないんだけど、日が沈む頃になるといつの間にか明るくなっているんだよね。



そこで、ちょっと観察!



お昼頃の呑竜...



まだ、ヤギカフェの看板くらいしか点いてない...



「そろそろ暗くなってきたなァ〜」と思う夕方4時半頃...



う〜ん、アーケードの蛍光灯が点灯したけど、提灯はまだ...



しばらくすると...突然...





提灯と天井のキラキラが点いた!




呑竜仲店っていう看板も明るくなったぞ!



う〜ん...でも、どうしてだろう?夜のお店の店主さんたちが出勤してくる頃にタイミングよく明るくなるんだ。誰かが操作しているのかな??不思議。



ちっとも分からないから...

よし!

ヤギカフェ・マスターに

        尋ねてみよう!


おそるおそる...


「あの〜呑竜仲店の提灯や看板は、どなたかが時間で操作しているのでしょうか?」


「ええ、呑竜には電気コントーロール・ルームがあり、住民に迷惑をかけない優秀な野良を雇い、システム管理が行なわれています。」







「そして、電力は、地域住民・店舗に糞尿被害をもたらす野良たちを確保し、自家発電に協力してもらってます。本当は、隠れて野良猫に餌付けする人間にやらせたいのですが...人件費がかかりますので...」







「...と、まぁ、“まさか”と思われる事を申し上げましたが...以上の話は...」



「全て嘘です!」





「あらためて本当の事を言いますと...」



「いたずらなどあったら困るので、詳細な場所は、お伝えできませんが、提灯や呑竜の看板などの点け消しは、ある電気コントロール場で自動制御しています。」



「現在、17時頃に提灯・看板・キラキラが点り、
                       消灯は24時頃にタイマーがセットされています。」



「そして...呑竜仲店のアーケド内にある蛍光灯は、何時でも暗くなると自動に点灯するセンサーシステムを搭載していると思われます。」



「装置を詳しく検証した事がないので正確な事はわかりませんが、雨天・曇りの日などアーケード内が暗い日は昼間から点灯するのは確かです。呑竜再建時に理事長をしていた方が電気関係の専門家と聞いているので何か特殊な計らいをして設置したのかもしれません。いずれ知れべて見たいと思っています。」



ふむふむ...



照明ひとつとっても商店街には、色々な仕掛けや工夫があるんだね。



界隈知ってなるほど、今日は呑竜の灯りのお話でした!



仲店は今日も定時に夜の顔を覗かせます!






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ