呑竜・伝説の公衆便所

ハンニャハァハァ(息切れ)...ハンニャです。



ついこの間まで、暑い暑いと言っていたのがウソみたい。



最近はめっきり肌寒くなって、夏と比べてトイレが近くなってきているのを実感するわ。



そうそう、トイレで思いだしたけど...その昔、呑竜仲店には、訪れる人々の記憶に強烈に残る有名な公衆トイレがあったのよ。



以前もお話したけれど、1982年(昭和57年)の大火災前の呑竜は、今よりも大きな敷地に30数戸の住居兼店舗がひしめく木造大型マーケットだったの。しかも、各店舗に併設されているお手洗いはなく、唯一マーケット内に公衆便所があっただけ。


            1982年当時の呑竜敷地の見取り図(当時の資料を基に作製したが一部不明な箇所あり)


               公衆トイレのあった場所は...今、駐車場になっているこのあたり??



男性客が大半を占める飲み屋街唯一のトイレ...



肩がぶつかる程の人出があった当時の呑竜...酔ったお客の狙いは当然定まらず...その公衆トイレを知る全員が今でも記憶し口を揃えて言うのは...





「あの便所は臭かった。」



トイレには掃除当番札があり、それを見るたび 「大変だなァ〜」 と同情していたお客さんもいたほど掃除はしていただろうけど、とにかく汚かった伝説のトイレ。



お店の一見客がトイレに発つと、その後を店主(ママ)が付いてきて見張ることも。当時は、手洗いに行くと見せかけて飲み逃げするたちの悪いお客もいて、2,3回通わなきゃ信用されないなんてこともあったらしいわ。



面白いのは、今でも呑竜に通い続けているベテラン客(60代後半から上)の中には...現・呑竜の各店舗にはトイレが併設されているにも関わらず...酔っ払うと 「便所いってくる〜」 と言って外に出ようとする方(人によっては無銭飲食ではないことを証明するために財布を置いて外に出ようとする)や 「あれ〜!?便所どこだっけ〜?」 と当時の場所をうろつく千鳥足の他客を見る事も。まぁ、それだけ知る者にとってあの呑竜の公衆トイレが鮮烈記憶されているということね。



ただ、この記憶に起因する、“公衆便所が残した負の遺産” があるの...



それは...見つかるはずのない公衆トイレを探した挙句、我慢できずに “用” を外でする人がいる事。



不思議と人は、ある特定の場所に惹きつけられるらしく...現・呑竜の“用足しの鬼門”となっているのは、この数箇所にほぼ限定されているのよ。


                           電柱が(男性用)便器に見えるのかしら??



正確には、呑竜の敷地内ではないけれど...目と鼻の先の店舗わき。きっと迷惑だと思うわ。

   元・公衆トイレにかぎりなく近い場所...


酔っ払いにはムクゲすら便器に見える???

             

死角になり易い場所は...安心?安全?ホッとする??


悪臭で迷惑するご近所住民や仲店内の店主さんが、大事な時間を費やして掃除をしなくてはならなくなるので、この呑竜の歴史が導いた “クセ” だけは是非とも止めてもらいたいものだわね。



急に冷え込んで...トイレが近くなったで思い出した呑竜・伝説の公衆トイレ...



現・呑竜仲店をご利用の皆さま... お古い場所ではございますが、各店主ともに清潔を心掛けておりますので、“用” は何卒各店舗内でお済ませくださいませ...と一応宣伝しておくわ...ハァハァ(息切れ)。







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ