呑竜恋歌

ハンニャハァハァ(息切れ)...ハンニャです。



呑竜に毎夜響くカラオケの音。



耳を澄ませば、懐かしの昭和歌謡が多いわね。



それもそのはず、呑竜でカラオケを楽しむのは、この道何十年のベテラン客。カラオケ・ボックスなど無かった時代にスナックや酒場でカラオケに親しんできた人達。足げくお店に通い、時代の中で“グッ”ときた曲を...見つけては...歌い...見つけては...歌い...そしてわりと早くに気に入った曲が固定され...ある時から決まったレパートーリーを歌い続けてはや何十年。平成の呑竜の夜に昭和の歌が溢れてるのはこのためね。



そんな、呑竜のベテラン・カラオケ客の中で、ひと際の“呑竜通”はレパートリーで呑竜オリジナル・ソングを歌うのよ。



この呑竜に特化したオリジナル歌謡曲は、呑竜が昭和57年(1982年)に大火事に見舞われた後の再建記念として作られたもの。



作詞・作曲は、当時界隈で “流し” (お店を回りお客さんの要望でギターやアコーディオンで音曲を弾いたり、生伴奏をする商売)をしていた佐久間清詩さんという方。呑竜も彼の仕事場の一つできっと愛着があったのね。ちなみに、数年前よりこの佐久間さんの消息が不明となっており古いママさんたちはどこに行ったのか気になっているみたいよ。



さて、この復建再スタートの曲として、ママさんや常連さんたちに歌い次がれてた呑竜オリジナル・ソング。いったいなんて曲でどんな歌か気になるでしょう?



なので...



♪〜(前奏)


歌は世につれ、世は歌につれ、


焦がれた女の心根は、いつの時代も歌につれ、


ネオンかがやく宴の中で、芽生えてしまった恋つぼみ、


今日は来るのか、来ないのか、


あなたの気持ちは分からぬも、相思と夢見て酔いたい女


花の咲く日は長くも待つは...



ヤギカフェ・ママが歌います...



「呑竜恋歌」

           作詞・作曲 佐久間清詩


<一番>

あなたの浮名を、お手元裏に


書いて結んだ、恋の指


抱いて待ちます、ネオンの花


夢は浅くも、酔いたい女


ああ前橋、ここは呑竜、恋の横街


 イメージ写真(2007年撮影)



<二番>

広瀬のせせらぎ、ナミダをさそい


ひとり芝居の、空しさを


酒でうすめる、ネオンの花


うそでいいわよ、好きだと言って


ああ前橋、ここは呑竜、恋の横街


数年前、弁天通りにある弁天村さんと地元ミュージシャンの協力で初めてCDを製作。



<三番>


千代田の恋風、ささやくように


窓で呼ぶのよ、意地悪ね


それも気休め、ネオンの花


花の咲く日は、長くも待つわ


ああ前橋、ここは呑竜、恋の横街





ハンニャ

実際の曲を聴いてみたい方は、界隈で呑竜通い30年以上のママさんや常連さんに「呑竜恋歌」のことを聞いて見るといいわ。



ほろ酔い気分の方なら、即興で歌ってくれるかもしれないわよ。


最近、若い人たちの中でも呑竜でカラオケを楽しんでいるのを見受けられ良い事ね。そんな子たちも是非、「呑竜恋歌」を覚えてもらって歌い次いでいって欲しいわ。



ハァハァ(息切れ)...






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ