ヤギカフェは毎夏クーラーなし!

ヤギカフェ・ママヤギカフェ・ママです。



夏場のヤギカフェに遊びにくると、お店入り口横にあるお食事メニュー板に、こんなポップがあるのに気が付くと思います。


 

もう少し近づいて見ると...





そう!実はヤギカフェ、毎夏暑い中でもクーラーを使用せず営業しています!


はい、もちろん、今時の飲食店...いや、世の中のお店全般と比較するとかなり常識外れなのは自覚しています...でも、これには訳があるんです。



まず理由その1。 実は、私たち...お店の店主がクーラーの中で長時間過ごすのが苦手。暑さの厳しい前橋でクーラーの効いた部屋はたしかに涼しく感じるのですが...長い事その中で動くと調子が狂ってしまうんです。外との気温差があまりに大きい環境にいると、その時期欲する「美味しい!」、「食べたい!」という感覚が作動しなくなるような、なんとも言えない違和感をもってしまうんです。



そして、こちらが結構大きな要因...理由その2。 調理器具を同時に多用する割りに、お店で使える電気容量が低い!約7坪のお店で使える電気量は30A。ご家庭なら大丈夫そうな容量ですが、レンジやオーブン、さらには電気ケトルなど電気量が高い器具がお食事提供に最優先されるため、クーラーは使用できないのです。また呑竜が長屋で電気容量を上げられない建築構造になっているのも宿命。



まぁ、そもそも、こんなへんぴなところでカフェ営業というのが素っ頓狂なのかもしれませんが...ヤギカフェは、独自のアイディア(!?)でクーラーなしの夏を毎年過ごしています。



クーラーに代わり暑さをしのぐヤギカフェ最大の機器は...そう、扇風機!!
ただ今4台(正確には扇風機3台とサーキュレーター1台)が活躍中!使用電気量も低く、お店の営業には問題なし!



こだわり(!?)は、ただ人に風が当たるように設置するだけでなく、お客さまがクーラーがない事を忘れてしまうくらい心地いい風の流れを毎年研究・計算していること。



店内入ってすぐの席は、角度をつけ、首振りにし定期的な風を送り...



ピアノからやや距離のある席には後方よりさらなる風...この風はわりと範囲が広くカウンター席にも効果をもたらします。




店内入って右の、壁に囲まれたスペースには...今夏より導入された空気力学に基づき設計されたすぐれものサーキュレータを使用。竜巻きのような風を壁にあて、拡散された風がまるで滝のように頭上より降ってきます。また、フェンス壁上方に設置された小型扇風機で無風の隙間を無くします!




さらにヤギカフェは南北に風のぬける窓(入り口とキッチン裏)があるため外からの風が抜けるので...



店内は常に風が吹き注ぐ “南国ビーチのあずまや風” です!?



おそらく店内の外温との差は殆どないでしょう、しかし、座ってじっとすると常に風が当たるので汗もひいて体感温度は涼しいハズ!それに加え、お食事で冷たいものと身体を冷やす夏野菜を食べればクーラーとは一味違う涼のとり方が体験できますよ!



冷ぇ〜としたところでお食事を希望される方には不都合かもしれませんが、そんなこんなで、ヤギカフェは毎夏クーラーなしで営業しています。


*どうぞ皆さま、この夏、熱中症にはくれぐれもご注意してください。こまめな水分補給及び炎天下での不要な外出を避けることは必須です。また、ヤギカフェご来店に興味を持たれた方も、夏の店内は上記で示したよう特殊な環境なので、それに対するご理解と場所に対する慣れ・不慣れを考量し遊びに来てくださいね。



 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最近の日記

日記の主題

今までの日記

最近のコメント

トラックバック

自己紹介

日記の登場キャラ

【ヤギカフェ・ママ】
【シダボン】
【ダチョウ】
【ハンニャ】
【チェ・ヤギバラ】
【広瀬川チビーズ】
【羽鳥夫妻】
【佐久原萩太郎】
【竹亀和佐隆】
【神庫山雷蔵】
【利根川虎美】
【岡基太郎】

公式ホームページ

ヤギカフェのホームページ

呑竜仲店のホームページ

このページから検索

その他

携帯用

qrcode


群馬一斬新なみそパン

呑竜仲店の価値

ヤギカフェ・フェイスブックページ